Top > ゾンタ C12 '00
分類性能
メーカーパガーニ総排気量5,987ccPP519
国籍イタリア最高出力394PS/5,200rpm全長4,345mm
カテゴリノーマルカー/スーパーカー最大トルク58.1kgfm/3,800rpm全幅1,933mm
モデル簡易駆動形式MR全高1,151mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,250kg/47:53
内装簡易PWR3.18kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.38,872,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンダート走行不可
ボンネットのみ不可
+  ←カラーバリエーションを表示

  • イタリアのメーカー、パガーニ・オートモービル社によって1999年にデビューし、2010年まで製造されたスーパーカーである。
    本車は最初期のモデルである「C12」であり、2002年まで生産されていた。
  • 車名はアルゼンチンのアンデス地方で発生するフェーン風の現地での呼び名"Zonda"から。
    当初はファンジオにあやかり"ファンジオF1"と名付けられるはずだったが、95年の彼の死によって現在の車名に変更された。
  • デザインはパガーニ創始者であるオラシオ・パガーニによるもので、車体には主にカーボン素材が使用されている。
    アドバイザーとして、かつてワールドチャンピオンに輝いたF1ドライバー、ファン・マヌエル・ファンジオが加わっていた。
  • ファンジオ氏の意見を随所に取り入れており、エンジンはイタリアのスポーツカーとしては珍しくメルセデス製6リッターV12をMRレイアウトで搭載。
    これに6速マニュアルトランスミッションが組み合わせられて0-100km/h加速が4,8秒、最高速度が332km/hとなっている。
  • 本車の名称は「ゾン」と呼ばれるのが一般的。
    では「ゾンタ」が誤表記なのかと言われればそうでもなく、メディアによっては「ゾンタ」とも呼ばれているため決して間違いではない。
    GTシリーズでは初登場したGT3からこの呼び方で統一されている。
  • 本車は、PS1時代のGT2に収録予定だった(車種名のみGT2没データに残っていた模様)。
    未収録になった理由は不明だが、前述の通り次の作品であるGT3に収録された。
  • なお、本車はスタンダードモデルの中でも、比較的クオリティが高い車両の内の1台である。
    また、他のスタンダードモデルと違ってダッシュボードが再現されている(内装視点に変化はない)。



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-18 (月) 15:27:14 (183d)