Top > スープラ 2.5GT ツインターボ R '90
分類性能
メーカートヨタ総排気量2,491ccPP434
国籍日本最高出力280PS/6,200rpm全長4,620mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク37.0kgfm/4,800rpm全幅1,745mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,300mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,520kg/59:41
内装簡易PWR5.48kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,274,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 1990年8月、70型スープラは最後のマイナーチェンジを受けた。
    これまでの最上級グレード「3.0GT」に搭載されていた7M-GTEU型エンジンを、マークIIなどのスポーツグレードに採用されている2.5L直6DOHCツインターボエンジンの1JZ-GTE型に変更し、馬力規制いっぱいの280psを達成した。レカロ製シートを標準装備したのもポイントである。
    またフロントのエンブレムがトヨタCIマークに変更となった他、3.0GTのターボAダクトは廃止された。
    かなりスポーツ色を高めるマイナーチェンジであったが、これは2代目スープラへの布石に過ぎなかった。
    なお、グレード名を「GTR」ではなく「GTツインターボR」としたのは、スカイラインGT-Rに配慮してとのこと。
  • ちなみに本車は、収録車種のカラーペイントであるスーパーホワイト系列の中のSuper White IVが設定されている唯一の車種である。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-19 (火) 11:44:03 (1609d)