Top > シビック TYPE R (EK) '97
分類性能
メーカーホンダ総排気量1,595ccPP390
国籍日本最高出力185PS/8,200rpm全長4,180mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク16.3kgfm/7,500rpm全幅1,695mm
モデル高品質駆動形式FF全高1,360mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,050kg/59:41
内装再現PWR5.86kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.1,998,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

EK-タイプR.jpg

  • 6代目シビックをベースに開発されたタイプRで、採用車種としてはNSXインテグラに続いて3車種目となった。
    後のシビックタイプRは商品構成の都合等でエンジン排気量が拡大されたため、エントリー仕様のタイプRはこのEK9型が唯一となる。
  • 搭載エンジンはインテグラタイプRに採用されたB18C型直列4気筒1.8Lをショートストローク化したB16B型で、最高出力185psを発揮した。
    エンジン特性が2通りあるB16Bは、街乗りの低回転ではトルクもあって乗りやすく、6,100rpmまでエンジン回転を引っ張ってハイカムに切り替わると排気音が一変し、よりパワフルな加速となってその回転数は一気にレブリミットである9,000rpmまで到達する。
    他のタイプRと同様に車体重量が軽量化され、専用エアロパーツ、レカロ社製バケットシート、チタン製のシフトノブが装備された。
    なお、モモ社製ステアリングはタイプRで初のSRSエアバッグ付きとなる。
    当時4穴仕様のハブを採用したインテグラ タイプRと異なり、ハブが大型化に伴い、PCD114.3サイズ5穴となっているのが特徴である。
  • 1998年にはマイナーチェンジされた後期型が登場している。
    ただしフロントバンパー・テールランプ・インパネ等の細部変更に止まっており、メカニズム的な変更点はない。
  • フラットフロアを装備すると左右のサイドスカートが黒色になる。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-06 (月) 21:25:52 (138d)