Top > クワトロ '82
分類性能
メーカーアウディ総排気量2,144ccPP400
国籍ドイツ最高出力203PS/5,500rpm全長4,404mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク29.5kgfm/3,500rpm全幅1,723mm
モデル簡易駆動形式4WD(35:65)全高1,344mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,290kg/59:41
内装簡易PWR6.38kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.9,036,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 1980年に登場した本車は、アウディのフルタイム4WDシステム「クワトロ」の名を冠するスポーツカーで、アウディがWRCで勝つ為に作製され、'91まで販売された。
    その後各車にクワトロが搭載されていったため、混同を防ぐためにドイツ語でオリジナルを意味するUr-を頭に付けUr-クワトロと呼ばれる事も多い。
    マイナーチェンジは'83、'85、'87、'89と初回以降2年ごとだった。収録モデルは'82なので最初期型のラストイヤーとなる。
  • フレームこそアウディ 80(GT6未収録)と同じだが、様々なモディファイが加えられている。
    具体的に言うとフロントサスペンションはメンバーから専用の物を採用していた他、リアサスペンションはオリジナルのトーションビームからストラット式に作り替えられていた。
    WRカーかと思うようなレベルである。
  • エンジンはアウディ 200用の2.1L 直列5気筒SOHCを搭載。そこにターボチャージャーを加え、最高出力は200psを超した。
    • 収録モデルからは外れるが、'87からは2.2Lにスープアップし低速トルクを向上、'89からはDOHCヘッドに積み替え220psを達成している。
  • ラリーでの活躍は著しいものがある。1981年にWRCのグループ4に出力を300ps以上まで上げられたマシンで参戦。
    初戦のモンテカルロではトラブルによりリタイアしたものの、2位以下を6本のSSで6分以上引き離した。そして2戦目以降は着実に勝利を重ねている。
    • 広告スローガンでは「雪の中でクワトロをつかまえようとしてはいけません」とフルタイム4WDによる悪路での速さを表現している。
  • 当時のラリーカーは2WDが主流でありフルタイム4WDなど重くてまともに戦えないと思われていた。
    しかし本車の圧倒的な速さにより、一変して4WDが主流となったことは言うまでもない。ラリーの世界に革新をもたらした1台である。

+  その後のクワトロ




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-20 (水) 23:45:20 (1659d)