Top > ウアイラ '11
分類性能
メーカーパガーニ総排気量5,980ccPP618
国籍イタリア最高出力730PS/5,800rpm全長4,605mm
カテゴリノーマルカー/スーパーカー最大トルク102.0kgfm/2,000-4,000rpm全幅2,036mm
モデル高品質駆動形式MR全高1,169mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量1,350kg/45:55
内装再現PWR1.85kg/PSTM7速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.135,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
ボディペイントを施すと単色になる
プレゼント---チューンダート走行不可
デフォルトでダウンフォースが存在(80:200、調整不可)
+  ←カラーバリエーションを表示

ウアイラ.jpg
  • ↓アクティブエアロシステム:ブレーキングや加重移動時に作動する
ウアイラW修正版.jpg

  • 2010年に生産を終了したパガーニ・ゾンタの後継機として発表されたのがこのウアイラである。
    車名はケチュア語で「風」を意味し、南米の先住民族が信仰する神の名でもある。
  • 搭載エンジンはゾンタのAMG製V型12気筒エンジンにツインターボを装着したもので、最大出力は730馬力にもなる。
    トランスミッションはDCTではなく7速シーケンシャルミッションを搭載し、パドルを使って変速する。
  • ドアはゾンタと異なり、メルセデス・ベンツ SLS AMG等と同じくガルウィングドアを採用している。
    また、片側2灯ヘッドライトや中央4本出しマフラーなどのゾンタの特徴であったデザインは受け継がれている。
  • ボディは軽さと強度を両立させるためにカーボンとチタンの複合素材を採用し、クラッチはシングルプレートクラッチを採用。
    そのお陰でこのクラスの車としては驚異的な1,350kgの車重を実現した。
    車両前後には2枚の可変フラップが搭載されており、加重移動時等にダウンフォースを確保している。
  • このモデルから日本への正規輸入が開始され、輸入車販売店のビンゴスポーツ社が取り扱っている。
    また、この手のクルマとしては珍しく、日本向けのCMが作られ放映された。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-12 (火) 17:51:18 (224d)