Top > インプレッサ セダン WRX STI スペック C タイプ RA '05
分類性能
メーカースバル総排気量1,994ccPP460
国籍日本最高出力280PS/6,400rpm全長4,475mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク43.0kgfm/4,400rpm全幅1,740mm
モデル高品質駆動形式4WD(35:65)全高1,410mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量1,390kg/54:46
内装再現PWR4.89kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,822,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンドライバーズ・コントロール・センターデフ搭載
  • 備考:フラットフロア装着可能
+  ←カラーバリエーションを表示

インプセダン.jpg

  • 2000年に登場した2代目インプレッサ WRX STiは、中期型を経て2005年に後期型にマイナーチェンジした。
    中期型から再びフェイスリフトを実施し、通称「鷹目」と呼ばれる鋭い目つきと「スプレッドウィングズグリル」と呼ばれる飛行機をモチーフにしたフロントグリルデザインを採用している。
    また、後期型ではブランド・グレード名共にSTI(全て大文字)に統一された。
  • 本モデルは、標準モデルより運動性能を高めたスペックCをベースに専用パーツを追加し、350台限定で販売された。
    リアのエンブレムとサイドに貼付されたニュルブルクリンクのステッカーが外観上の特徴である。
    • 主な専用パーツ
      • 専用サスペンション(15mmローダウン)
      • 専用リアサスペンションロワアーム、リアスタビライザー
      • 専用アルミホイール
      • 専用ステンレス製マフラー
      • 専用フロントアンダースカート
      • 専用ブレーキ
  • 前作と比べて、装着可能なエアロパーツが減ってしまった。
  • 初登場となったGT5P Spec2ではオプション仕様のゴールドホイールを装着していたが、後のアップデートで現在のシルバーホイールに変更された。
    • そのためか、わざわざ別のゴールドホイールに交換するプレイヤーがいるほど。

+  エアロパーツについて




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-02 (水) 19:29:07 (20d)