Top > アリスト 3.0V '91
分類性能
メーカートヨタ総排気量2,997ccPP434
国籍日本最高出力280PS/5,600rpm全長4,865mm
カテゴリノーマルカー/4ドアセダン最大トルク44.0kgfm/3,600rpm全幅1,795mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,420mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,680kg/54:46
内装簡易PWR5.77kg/PSTM4速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.4,740,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンダート走行不可
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 1991年に誕生したアリストは初代クラウンマジェスタと姉妹車の関係にあるが、アリストは従来から存在するクラウン等の高級セダンよりスポーティーな路線を狙っていた。
  • ボディデザインはロータスの初代エスプリや初代いすゞピアッツァ、スバル アルシオーネSVXなどを手掛けたイタルデザインによるもの*1
    これにより何物にも無い独特のスタイリングを纏っていた。
  • 2JZ-GE型を搭載するNAの3.0Q、初代セルシオと同じ1UZ-FE型を搭載する4.0Z i-Fourなどがラインナップされたが、もっとも過激な性能だったのは2JZ-GTE型ツインターボエンジンを搭載したこの3.0Vである。
    この非常に強力なエンジンを搭載したアリスト3.0Vは、「国産最速の高級セダン」とも呼ばれ、クラウンに比べれば若々しいデザインなどにより若い世代にも人気を博した。
    搭載されたミッションは4速ATのみで、MTモデルは用意されなかった。
    このATの構造は普通のトルコン式ATであるものの当時世界トップクラスの耐久性を誇り、500ps程度のチューニングであれば余裕で耐えられる。
    だが、1000psクラスのチューニングにも使われる2JZ-GTE型エンジンの性能を完全に引き出すには力不足であった。
  • 1993年からはNAモデルの3.0Qに相当するモデルがレクサスブランドでGS 300として海外でも販売開始された。*2
  • 1996年に行われた改良で、エンジンがスープラと同じくVVT-i化されスペックが向上。
    翌1997年に次期モデルとなる2代目アリストにその座を引き継いだ。
  • 収録モデルは91年式の初期型モデルである。



*1 トヨタによる量産向けリファインは施されていた
*2 ちなみに本作のGS 300はスペックが誤っている

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-25 (土) 23:43:38 (70d)