Top > フェラーリ エンツォ フェラーリ '02
  • 総排気量:5998cc
  • 最高出力:660ps/7800rpm
  • 最大トルク:67.04kgfm/5500rpm
  • 駆動形式:MR
  • 全長:4702mm
  • 全幅:2035mm
  • 全高:1147mm
  • 車両重量:1255kg
  • 重量バランス:44対56
  • 価格:Cr.100,000,000
  • Lv:15
  • PP:584
  • 備考:トランスミッションは6速
  • 備考:アクティブエアロシステム搭載
  • 備考:ダート走行不可
  • 備考:スタンダード版はエアロパーツ装着不可

Enzo-Ferrari-1.jpg
Enzo-Ferrari-2.jpg
  • ↓アクティブリアウイング:高速走行時に作動する
Enzo-Ferrari-3.jpg
  • 原寸大のモックアップとして東京都現代美術館で初めて披露されたプロトタイプFXを経て、2002年フェラーリが創業されて55年、創始者の名を取られたこの車は、レースで培って来た技術を結集して製造された。
  • なおデビュー以前には、F60という仮称が各メディアで使用されたが、車名が正式発表となった際には驚きの声が上がった。
    後にF60という名称は複数の車種で使われる*1がエンツォとの共通点は無い。
    • この車自体先代F50の進化版でしかないという実情*2もあるため、そのネガティブなイメージを払拭させるために創始者エンツォの名前を持ち出したというのが真相の模様。
  • 当時ピニンファリーナに在籍していた日本人カーデザイナー奥山清行氏によるデザインは、F1を意識したフロントノーズ、フェラーリ伝統の丸形テールランプを削り出したかのようなテールエンド、大きく張り出した前後フェンダーなど大胆で、見るからにスーパーカー、レーシングカーを思わせるデザインになっている。
    • ちなみにF1風フロントデザインが採用された背景には当時のフェラーリF1の圧倒的好成績があったからと言われている。現実に普通なフロントまわりのデザインも制作されており、F1の成績次第では別デザインのフロント周りになっていたとされる。
  • 非常に長いフロントオーバーハングや幅広なリアまわりなど、市販ロードカーとしてみればネガティブな要素も少なからず存在しているが、それでも一級品の性能を持ち合わせているあたりはフェラーリのフラッグシップの面目躍如といったところ。
  • 当初349台の生産予定だったが追加生産で50台の合計399台が生産され、そのうち日本国内正規輸入台数は33台である。今の所これ以上の台数を生産する予定はなく、新車価格は邦貨換算7850万円とも言われているが、そのプレミア性のために1億円以上の価格をつけることも珍しくない。
  • 上記にもあるとおりこの車は60周年記念車という扱いで誕生した車なのだが、実際はかなり前倒しで発売されている。これにはフェラーリの苦しい内情が関係しているとされる。*3
    • 余談の部類かもしれないが、この車を作るきっかけになったのはアウディ傘下に入って飛躍的に完成度を高めたランボルギーニ社のスーパーカー ムルシエラゴの存在が背景にあったと言われている。
  • 複数の派生車が存在している。
    • フェラーリFXX
      エンツォをベースにしたサーキット専用車。世界限定29+1台(+1はM.シューマッハ専用車でシューマッハの名前が書かれており専用の黒色に塗装される)。
    • P4/5ピニンファリーナ
      エンツォのシャシーフレームに330P4似のカウルを纏わせた車。サーキット仕様のP4/5コンペティツィオーネ(こちらのベースは430スクーデリア)も存在し、ニュル24時間などで姿を見せた。
    • マセラティMC12
      エンツォとフレームを共有する兄弟車。サーキット仕様車の「マセラティ MC12 GT1」はFIA-GT1世界選手権で活躍していた。
  • フェラーリは2013年3月、ジュネーブモーターショーにて実質エンツォの後継車と言える"ラ・フェラーリ"を発表した。800PSのV12エンジンと163PSのモーターを搭載し963PSを発揮するハイブリッドスーパーカーである。総生産台数は499台だが、既に予約人数が1000人を超え競争倍率が2倍以上にもなるなど注目の次世代スーパーカーとなっている。
    ラ・フェラーリのフィオラノ・サーキット*4でのラップタイムは、エンツォ・フェラーリより5秒速いと言われている。
    開発には、2013年時にスクーデリア・フェラーリ在籍のF1ドライバー、フェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサの意見が反映されている。
  • 2013年8月29日に更新されたホットカーディーラー(オンライン必須)にスタンダード版の本車が入庫した。
    基本性能は同じだが、GTオートでエアロが装着できない、交換できるホイールの種類が違うなど、多少の相違がある。

  • カラーバリエーション:
    Rosso Scuderia,Rosso Corsa,Rosso Mugello,Rubino Micalizzato,
    Nero Daytona WB,Nero,Bianco Avus,Giallo Modena


*1 2009年のF1に参戦したF60(フェラーリF1参戦60周年を意味)と2014年に発表された限定車F60アメリカ(こちらはフェラーリのアメリカ進出60周年)が該当。
*2 現にF50と比べても目立った目新しい技術は採用されていない。
*3 主な販売先である米国の超高級車バブルがはじける前にとっとと作って儲けてしまおう、ということ(F1は絶頂期だったが、親会社フィアットの不振など市販車部門は苦しかった模様)だったらしい
*4 スクーデリア・フェラーリのテストコースとして有名。

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-19 (金) 22:38:43 (547d)