Top > シボレー コルベット Z06 (C6) '06
  • 総排気量:6997cc
  • 最高出力:511ps/6300rpm
  • 最大トルク:64.90kgfm/4800rpm
  • 駆動形式:FR
  • 全長:4465mm
  • 全幅:1935mm
  • 全高:1250mm
  • 車両重量:1421kg
  • 重量バランス:51対49
  • 価格:Cr.9,450,000
  • Lv:12
  • PP:542
  • 備考:トランスミッションは6速
  • 備考:レーシングモディファイ可能

CORVETTE-Z06C6-1.jpg
CORVETTE-Z06C6-2.jpg
  • 2004年1月のデトロイト・ショーで発表された、第6世代のコルベット。
  • ヘッドライトが42年ぶりに固定式になったほか、全体的に引き締まったボディデザインに変更された。
  • 最高出力400PSをオーバーする、LS2という新設計のエンジンを搭載。ハイパフォーマンス版であるLS7エンジンを積んだZ06(収録モデル)のほか、最高出力648PSを誇るZR-1という限定モデルも登場した。
  • その後、2013年のデトロイト・ショーでC7型コルベットが発表された。2014年後半に販売を開始した。尚、2013年2月28日に最後のC6型コルベットが生産され同日に終了となった。
  • 本車をベースにしたレースカーとしてFIA-GT1仕様の「シボレー コルベット C6.R GT1」、ル・マン24時間耐久レース仕様の「コルベットC6.R」、GT3仕様の「キャラウェイ・コルベットZ06R GT3」が製造されている。C6.R GT1は主にFIA-GT1 世界選手権で活躍、Z06R GT3は日本ではSUPER GT 2012年シーズンGT300クラスにRUNUP SPORTSとDIJON Racingから2台が投入されたが目立った成績は残していない。2013年シーズンはコルベットを使用していた2チームとも、日産GT-R GT3にマシンをスイッチしたが、DIJON Racingは2012年マシンをセカンドカーとして参戦させている。
    • 派生モデルとしてFIA-GT4規定としてキャラウェイが製造している「キャラウェイ コルベット GT4」も存在する。日本ではGT4レースが行われていないので馴染みが無い。

  • カラーバリエーション:Velocity Yellow Tintcoat,Machine Silver Metallic,Atomic Orange Metallic Tintcoat,Victory Red,Le Mans Blue Metallic,Black



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-17 (水) 01:50:04 (740d)