Top > セリカ 1600GT (TA22) '70
分類性能
メーカートヨタ総排気量1,588ccPP348
国籍日本最高出力115PS/6,400rpm全長4,165mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク14.5kgfm/5,200rpm全幅1,600mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,310mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量940kg/58:42
内装簡易PWR8.10kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,390,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンボンネットのみ不可
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 1969年の第16回東京モーターショーの出展車「EX-1」の市販版として、1970年12月に登場したセリカ。
    キャッチコピーの「未来からやってきたセリカ」の通り、当時の日本車では珍しい意匠が採用された。
    ダルマのようにふくよかなボディデザインから、日本では通称「ダルマセリカ」と呼ばれ親しまれた。
  • 「和製フォード・マスタング」を意識して開発され、日本初のスペシャルティカーとして人気を得た。
    また、通常グレードではエンジン・変速機・内装を選択できる「フルチョイスシステム」も採用した。
    同時に誕生したカリーナとは兄弟車の関係にあり、当時の一般車としてはスポーティな設計であった。
  • 収録された『1600GT』は、専用の内外装や1.6L直列4気筒DOHCエンジンを採用したスポーツグレード。
    エンジンはOHVをベースにヤマハ製DOHCヘッドを搭載する事で高い性能・耐久性・量産性を両立した。
    これらの工夫で高い性能と廉価さを実現し、フルチョイスシステムの対象外ながら高い人気を集めた。
  • 発売時に用意されたボディは2ドアハードトップクーペのみで、1973年に2ドアリフトバックを追加。
    5連バナナテールランプとキックルーバー等を装備し、スペシャルティカーとしての地位を確立した。
    北米ではマスタングを脅かすほどの大ヒットを記録したセリカは、1977年に2代目へと切り替わった。

+  レース活動




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-08-06 (土) 15:40:53 (57d)