Top > V6エスクード パイクスピークスペシャル '98
分類性能
メーカースズキ総排気量2,493ccPP702
国籍日本最高出力995PS/8,100rpm全長5,050mm
カテゴリラリーカー/PPIHC-アンリミテッド最大トルク95.0kgfm/6,500rpm全幅1,900mm
モデル簡易駆動形式4WD(45:55)全高1,510mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量800kg/47:53
内装簡易PWR0.81kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.145,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンターボキット・ボンネットのみ可

エスクード.jpg

  • 毎年アメリカのコロラド州で開催されるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(PPIHC)に出場するため製作されたマシン。
  • パイクスピークとはロッキー山脈の東端部近くに位置する標高4301mの山で、レースではこの山の標高2862mの地点から頂上までのタイムを競う。
    全156ものタイトなコーナーをクリアし、且つ標高が高くなるにつれ希薄になる酸素濃度に対応するためには、強力なダウンフォースとエンジンパワー、そして軽量な車体が必要不可欠になる。
    そこで最も過激なアンリミテッドクラス(改造無制限)に1988年からワークス体制で挑み続けているスズキは、エスクードの名を借りクルマの殆ど全ての部分を新規に設計した、かつてのグループBを彷彿させるワンオフマシンを製作した。
  • 軽量な車体にツインターボを装備した2.5リッターV6ユニットをリアミッドに搭載し、最高出力995PS・重量800kgという驚異的なスペックを実現。
    巨大なリアウィングをはじめとしたエアロパーツによって、山道では想像を絶する走行能力を発揮した。
    その性能はPPIHCでも遺憾なく発揮され、1998年には日本人の田嶋伸博選手(通称:モンスター田嶋)がドライブし、総合2位という結果を残した。
  • なお、本車はスタンダードモデルの中でも、特にクオリティが高い車両の内の1台である。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-05 (日) 01:50:07 (224d)