Top > 908 HDi FAP - Team Oreca Matmut '10
分類性能
メーカープジョー総排気量5,500ccPP676
国籍フランス最高出力710PS/-rpm
(710PS/6,000rpm)
全長4,610mm
カテゴリプロトタイプレーシングカー/FIA-LMP1最大トルク122.4kgfm/-rpm
(122.4kgfm/3,500rpm)
全幅2,000mm
モデル高品質駆動形式MR全高1,030mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量930kg/50:50
内装再現PWR1.30kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.190,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンターボキットのみ可

908TOM.jpg

  • 2010年のル・マンシリーズでプジョーのワークス車と共にチームオレカ・マットムートより参戦した車両。
    ドライバーは2009年度フォーミュラ・ニッポン(現スーパー・フォーミュラ)王者ロイック・デュバル、オリビエ・パニス、ニコラス・ラピエール。
    チームオレカのマシンは代々、画家「ピエト・モンドリアン」の代表作から得たカラーリングを使用しており、これは本車も例外ではない。
  • ル・マン予選ではワークス勢も含め圧倒的な速さでトップ4を独占したが、決勝ではワークス勢の1号車、2号車、3号車がリタイア。
    最後まで完走を果たそうと力走するチームオレカも終盤でリタイアを喫し、ライバルのアウディ勢に王座を奪回された。
    決勝レースにてロイック・デュバルのドライブ時に3分19秒074のファステストラップを記録している。この記録は現行レイアウトになった2007年以降のルマン・サルトサーキットにおける決勝ラップタイムレコード記録である。
  • 翌年、プジョーのワークス車は「プジョー908」(未収録)へとモデルチェンジしてWEC世界選手権に挑んだ。
    前年に引き続きチームオレカ・マットムートも参戦したがモデルチェンジはせず、前年で使用した個体を改良し、カラーリングをチームオレカのイメージカラーであるブルーとオレンジを配したものに変更して参戦。
    ル・マン決勝、安定した走りのチームオレカ車にトラブル無く総合5位。ベストラップ3:29.443、339周を走りきり完走。
  • この年を以てプジョーはモータースポーツ活動の休止を発表したことを受け、チームオレカは2012年に参戦を表明していたトヨタ TS030 HYBRIDを操るチームのパートナーとして参加している。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-04 (土) 13:14:30 (1969d)