Top > 599 '06
分類性能
メーカーフェラーリ総排気量5,999ccPP545
国籍イタリア最高出力620PS/7,600rpm全長4,665mm
カテゴリノーマルカー/スーパーカー最大トルク62.0kgfm/5,600rpm全幅1,962mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,336mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,580kg/47:53
内装再現PWR2.54kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.32,030,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンダート走行不可
過給器のみ不可
+  ←カラーバリエーションを表示

599.jpg

  • 575マラネロの後継車種として、2006年のジュネーブ・モーターショーで初披露された。
    フェラーリ伝統のV12エンジンを搭載する2シーターFRモデルの最上位に位置し、その排気量から「599」の名称が付けられた。
    車両の正式名称は『599GTB フィオラノ』だが、日本では単に『599』として発表・販売されている。
    これは『GTB』をトヨタが、『フィオラノ』をオートバックスセブンがそれぞれ先に商標登録していたための処置である。
  • 搭載エンジンはエンツォで最高出力620psを発揮し、高度な空力性能により最高時速は軽く300km/hを突破する。
    トランスミッションは6MTと新開発のF1スーパーファストとされる6速セミATの二本立てだが、日本導入モデルは全てセミATである。
  • GTシリーズにおいてはフェラーリとして初収録されたのが本モデルであり、GTファンにとっては長年の夢がひとつ叶った形となった。
  • 2012年2月29日、599の後継車であるF12ベルリネッタが発表され、同時に599がフェラーリのカタログから外された。
  • 派生モデルとしてサーキット専用モデルの599XXならびに同車両のロードカーバージョンである599GTOが存在する。
    599XXは現代において「ファン・システム」を採用した唯一の車として知られている。
    599GTOは、フィオラノテストコースでエンツォよりも2秒速い、1分24秒というラップタイムを残した。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-19 (日) 19:27:46 (1645d)