Top > 240RS ラリーカー '85
分類性能
メーカー日産総排気量2,340ccPP440
国籍日本最高出力240PS/7,200rpm全長4,330mm
カテゴリラリーカー/WRC-グループB最大トルク24.0kgfm/6,000rpm全幅1,800mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,310mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量970kg/54:46
内装簡易PWR4.04kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.75,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンエンジンチューン・ターボキット・ボンネットのみ可

240RS.jpg

  • 3代目シルビアの後期型であるS110型をベースに、グループB(サファリラリー)に参戦する為に開発された。
    車名の「240RS」は、排気量2400ccのFJ24型エンジンを搭載している事と、最高出力の240馬力にちなんだとされている。
  • グループBというよりはサファリラリーへの参戦を目的とした車両であり、性能よりもシンプルさ・堅牢さが重視されている。
    しかしサファリラリーは耐久ラリーから欧式のスプリントラリーへと変貌しており、ライバルはエボリューションモデルが台頭していた。
    エンジントラブルが続発した事も相まって、84年は5位、85年は3位という結果に終わっている。
    本戦には84年・85年共に6戦参加しているが、既にグループBは怪物同士の戦いになっており、やはりこちらも結果は残せなかった。
  • 2006年のNISMOフェスティバルでは、日産自動車の有志の手でレストアされたワークスマシンが完成し、デモランを行った。
    現在240RSは、日産自動車座間工場の記念車庫に保管されている。
  • なお、本車はスタンダードモデルの中でも、極めてクオリティが高い車両の内の1台である。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-08-08 (土) 19:27:05 (1590d)