Top > レッドデビル
分類性能
メーカースティーローエンジニアリング総排気量7,000ccPP585
国籍アメリカ最高出力793PS/6,600rpm全長4,689mm
カテゴリチューンドカー/ショーカー最大トルク115.1kgfm/3,900rpm全幅1,836mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,190mm
ギャラリー対応吸気形式SC車両重量1,632kg/53:47
内装再現PWR2.06kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.75,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューン足回り・駆動系(TM)・LSD・エンジン・SC・ナイトロ・軽量化・ウィンドウのみ可
ダウンフォースは存在しない
+  ←カラーバリエーションを表示

レッドデビル.jpg

  • レッドデビルは、2010年のSEMAショーで見事グランツーリスモアワードを受賞した、1969年式カマロをベースとしたプロツーリングスタイルのカスタムカーである。
    製作者はGMにエンジニアとして勤務するマーク・スティーロー氏で、このクルマはすべて彼の自宅のガレージで組み立てたという。
  • 「レッドデビル」という名は、コルベットZR1の開発コードが「ブルーデビル」だったことに由来している。
    GMに務めるスティーロー氏ならではのネーミングと言えるだろう。
  • エンジンはコルベットZ06に搭載されたものをベースに、ZR1のエンジンヘッドとスーパーチャージャーを組み合わせるなどのチューニングが施され、750馬力以上を発揮。
    これに6速ミッションを組み合わせている。
  • もちろん足回りもこの大パワーに対応できるものに変更され、ブレーキもブレンボ製のキャリパーが使われている。
  • レッドデビルは米国の「CAR and DRIVER」誌のテストにて0-60マイル加速3.4秒、1/4マイル加速では11.5秒というタイムを記録した。
    どちらもコルベットZR1のタイムを上回るものであり、このクルマのパフォーマンスの高さを表している。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-06 (月) 09:54:24 (2360d)