Top > フェアレディ 2000 (SR311) '68
分類性能
メーカー日産総排気量1,982ccPP375
国籍日本最高出力145PS/6,000rpm全長3,910mm
カテゴリノーマルカー/オープンスポーツカー最大トルク18.0kgfm/4,800rpm全幅1,495mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,325mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量930kg/54:46
内装簡易PWR6.50kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.5,500,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • フェアレディのルーツは、1952年のダットサン・スポーツDC-3にまで遡る。
    このクルマは当時北米でヒットしていたMGのTシリーズ(GT6未収録)を目標としたが、まったく相手にならずに50台で生産を終えてしまっている。
  • 1959年に、ダットサンスポーツ1000が登場。
    1960年には初めてフェアレディを名乗る、ダットサン・フェアレディ1200が登場した。
    • ちなみに、フェアレディの名前はミュージカル「マイ・フェア・レディ」からとられている。
  • GT6収録モデルのSR311は、1962年から販売された2代目フェアレディの最強グレードで、1967年に追加された。
    U20と呼ばれる2リッター直4SOHCエンジンを搭載し、最高速は205km/hに達した。
  • フェアレディ2000は日本グランプリ3連覇などの大活躍をする。
    しかも、FRには不利なモンテカルロラリーでもクラス3位という好成績を収めた。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-04-09 (火) 22:20:21 (46d)