Top > タンク カー '03
分類性能
メーカージェイ レノ総排気量29,333ccPP532
国籍アメリカ最高出力990PS/-rpm
(900PS/3,000rpm)
全長---mm
カテゴリノーマルカー/ホットロッド最大トルク207.4kgfm/-rpm
(218.4kgfm/2,500rpm)
全幅---mm
モデル簡易駆動形式FR全高---mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量---kg(3,500kg)/64:36
内装再現PWR3.88kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.190,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューン全項目チューン不可

  • アメリカのコメディアンであり、世界的カーマニアとしても知られるジェイ・レノ(本名ジェームズ・ダグラス・ミュア・"ジェイ"・レノ:James Douglas Muir "Jay" Leno)氏が個人的に所有する奇想天外な超ド級ホットロッド
    • なお、"ホットロッド"とは、アメリカ合衆国で1930年代に生まれた、カスタムカーのジャンルのこと。語源は不明であるが一般的にはhot roadster「熱いロードスター」あるいはhot pushrod「熱いプッシュロッド」が短縮されたものと言われており、本場アメリカではオープンカーやOHVエンジンを搭載された車両が多い。
  • ホットロッド製造者のランディ・グラッブが、ジェイ・レノ氏にホットロッドシャシーを売りに来たところ、たまたま戦車のエンジンを持っていたジェイ・レノ氏は「ホットロッドシャシー+戦車エンジン」という奇想天外な車を依頼し、その結果、本当にできてしまった車である。
  • エンジンは排気量1,790ci(キュービックインチ)、つまり29,333ccを誇るオールアルミ製V12ガソリンエンジンで、もともと40tにも達する重量の戦車を駆動させるエンジンであるため、最高出力は810PSと非常に高い。本車に搭載されてからは吸排気系の大幅な簡略化により913PSにパワーアップしたとのこと。
    • このクルマには後に全体に大幅な改良が施されたようで、エンジンにも燃料噴射装置の搭載やツインターボ化(もっとも目的はパワーアップではなく燃費の向上であるとのこと)が施された。
      その結果、最高出力は当初の2倍の1,600PS以上にまで向上した。
  • "タンク カー"という名前はあくまで通称で、正式名称を『ブラストリーン・スペシャル(Blastolene Special)』という。"タンク カー"という通称は、心臓部に"M47パットン戦車用のエンジン"を搭載していることに由来している。
    • M47パットン戦車とは第二次世界大戦終結後にアメリカ軍が開発した戦車である。詳しくはこちら→M47パットン - Wikipedia
    • れっきとした兵器であるが、アメリカでは個人にて戦車を所有することは合法なので何の問題もない。
  • TMは6速AT。なぜMTじゃないのかと思った人もいるだろうが、余りのトルク&馬力のため、MTだとまともに扱えないためである。
  • このクルマがグランツーリスモシリーズに収録された経緯についてであるが、どうやら『GT4開発チームがサウンド収録のためにジェイ・レノ氏のガレージを訪れた際に偶然このクルマを発見してたいへん驚き、その場でGT4への収録を決めた』というのが真相のようである。

+  GT6における本車

+  もう一台のタンク・ビークル




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-11-12 (土) 10:00:26 (76d)