Top > コルベット コンバーチブル (C1) '54
分類性能
メーカーシボレー総排気量3,859ccPP358
国籍アメリカ最高出力152PS/4,200rpm全長4,249mm
カテゴリノーマルカー/オープンスポーツカー最大トルク30.8kgfm/2,400rpm全幅1,773mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,308mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,309kg/59:41
内装簡易PWR8.61kg/PSTM2速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.10,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 欧州製のオープンカーに刺激を受けたシボレーが、1953年に発売したオープンカーがコルベットである。
    FRP製ボディに大衆車の3.9L直6エンジンを搭載、後の「スペシャルティカー」と言える設計が行われた。
  • その設計でコストを抑えたコルベットはPR上「スポーツカー」と謳われたが、発売後の評判は悪かった。
    パワートレインや質感は大衆車そのもので、FRP製ボディも熱で歪む等の苦情が殺到、売上も急落した。
    ただ、チューナーには「チューニングの素質がある格好の良い車」としてある程度の人気を得てはいた。
  • 中途半端な立ち位置のコルベットだったが、1955年に転機とも言われるビッグマイナーチェンジを実施。
    チューナー界の人気を知ったGMの実験部門により、最新の4.3LV8エンジンや3速MTを追加したのである。
    改良で人気を得た本車はこれ以降、シボレーとアメリカのスポーツカーの代表的存在として知られていく。
  • 走行性能やスタイリングも年々スポーツカーらしく進化し、最後期型では300PS超えの高性能を誇った。
    1961年にはリアランプを4灯へ刷新、2年後にはそのリアランプと高性能を引き継いだ2代目が登場した。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-10-18 (水) 00:15:41 (45d)