Top > コルベット コンバーチブル (C1) '54
分類性能
メーカーシボレー総排気量3,859ccPP358
国籍アメリカ最高出力152PS/4,200rpm全長4,249mm
カテゴリノーマルカー/オープンスポーツカー最大トルク30.8kgfm/2,400rpm全幅1,773mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,308mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,309kg/59:41
内装簡易PWR8.61kg/PSTM2速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.10,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • シボレー初の2シーターレイアウトのオープンスポーツカーとして登場したコルベット。プロトタイプが予想以上の反響を呼んだため、市販化が決定。1953年に販売がスタートした。
  • FRP製ボディを採用。スポーツカーとはいうものの、どちらかというと雰囲気重視のクルマとなった。
    そのせいか、初期のコルベット(本車)は「貧弱」といわれた3,859cc水冷直列6気筒OHVエンジンや不具合が多かった2速ATなど、スポーツ性があまり感じられなかった上、品質や仕上がりが良くなく「ボディが熱で歪んだ」など購入者からの苦情も殺到するという結果になってしまった。
    そのため、翌年からの売り上げが急落してしまった。
  • そんなコルベットであったが、1955年に転機とも言われるマイナーチェンジがなされた。エンジン出力の大幅アップに成功し3速MTも選べるようになった後期型は大ヒット。
    性能も年々向上し、末期には300馬力を超える性能となった。
    コルベットの名が今でも引き継がれているのは、後期型のおかげかもしれない。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-09 (日) 22:31:17 (72d)