Top > コペン アクティブトップ '02
分類性能
メーカーダイハツ総排気量659ccPP306
国籍日本最高出力64PS/6,000rpm全長3,395mm
カテゴリノーマルカー/オープンスポーツカー最大トルク11.2kgfm/3,200rpm全幅1,475mm
モデル高品質駆動形式FF全高1,245mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量830kg/61:39
内装再現PWR13.17kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.1,500,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

コペンA.jpg
  • ↓走行時にハードトップ化
コペンAT.jpg

  • ダイハツが2002年から2011年まで販売していた、オープン2シーターの軽スポーツカー。
    その車名は「Compact Open」から取られたが、プロトタイプの時点では「K・Open」、つまり軽オープンであった。
    軽市販車では世界初となる電動油圧ポンプの開閉式ルーフを備えるアクティブトップ仕様と、取り外し式屋根を備えるデタッチャブル仕様との二本立てであったが、デタッチャブル仕様は2007年8月に生産終了となっている。
    その生産はミゼットII同様に、大阪府池田市にあるダイハツ本社工場のエキスパートセンターに在籍する熟練技能者の手作業による最終調整が施されている。
    一部ボディ塗色については軽自動車としては珍しいクリア塗装を2層行う等手が込んでおり、如何にダイハツが本モデルを大事にしているかを窺い知れる。
    また、モデルライフが長期に及んだ事から、搭載する660ccターボエンジンは2011年の時点で、ダイハツ製軽自動車では唯一の4気筒エンジンであった。
  • プラットフォームは当時のミラを流用し、FFパッケージを生かす事で後部トランク部に屋根を収納することが可能となっている。
    なおこのアクティブトップは20秒前後で開閉する。
    なお、海外のみ1.3Lモデルもリリースされていた。
  • トランスミッションは5速MTおよび4速ATから選択する事ができた。
    登場当時は同一グレード同士で比較した場合MT車とAT車の価格が同一であり、AT車が割高な当時としては珍しかった。
    さらに2010年のマイナーチェンジでは、MT車にフロントスーパーLSDが標準搭載された事もあり、MT車の価格が同一グレードのAT車よりも高額になっている。
    これは当時の国産車においては唯一の事例であった。
  • そして2012年4月2日、ダイハツは同年8月をもってコペンの生産終了を発表した。
    同時に、最後の特別仕様車「10thアニバーサリーエディション」を発表した。
    上記の通り手作業による生産工程を多く持つ事から、実質的に台数限定車となるため注文が殺到し、8月までの受注分はあっという間に埋まったとの事である。

+  余談

+  派生モデルの解説

+  コペン、復活へ



*1 X Playは専用外装となっているためロープ、セロとの互換性はない

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-17 (日) 16:33:49 (219d)