Top > キャロル 360 デラックス '62
分類性能
メーカーマツダ総排気量358ccPP216
国籍日本最高出力20PS/7,000rpm全長2,990mm
カテゴリノーマルカー/4ドアセダン最大トルク2.4kgfm/3,000rpm全幅1,295mm
モデル簡易駆動形式RR全高1,320mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量560kg/58:42
内装簡易PWR29.47kg/PSTM4速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,850,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
2トーンカラーにペイントを施すと単色になる
プレゼント---チューンターボキット以外可
+  ←カラーバリエーションを表示

#ref(): File not found: ".jpg" at page "キャロル 360 デラックス '62"

#ref(): File not found: ".jpg" at page "キャロル 360 デラックス '62"


  • 1962年(昭和37年)にデビューしたマツダ(当時は東洋工業という社名であった)キャロルは、当初は2ドアが発売。
    翌年にGT6収録モデルのデラックスが発売され、軽乗用車初の4ドアボディの採用や当時としては豪華な装備を持っていたことで、当初は大ヒットしたクルマである。
  • 当時としては贅沢であった水冷4気筒エンジンを採用していたが、本エンジンは当初から800ccクラスへの共用を念頭に置いた設計であったため、軽自動車用としては大きく、重すぎたことから車内スペースが犠牲となってしまった。
    また、頑強なモノコック構造のボディを持っていたが重量がかさみ、燃費面でも不利であった。
  • こうした理由によって、当時、軽乗用車市場を席巻していたスバル360の牙城を崩すには至らなかった。
    さらにはホンダN360のようなスバル360をも上回る高性能モデルが発売されるに至って存在価値が縮小してしまったが、当時の社内事情により根本的なモデルチェンジができないまま、1970年に生産を終了。寂しい幕引きとなってしまった。

+  その後




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-28 (月) 10:39:40 (2041d)