Top > カリーナ ED 2.0 X 4WS '89
分類性能
メーカートヨタ総排気量1,998ccPP340
国籍日本最高出力125PS/5,600rpm全長4,485mm
カテゴリノーマルカー/4ドアハードトップ最大トルク17.2kgfm/4,400rpm全幅1,690mm
モデル簡易駆動形式FF全高1,315mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,200kg/59:41
内装簡易PWR9.60kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.1,735,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 1989年9月に登場した2代目カリーナEDは先代が確立した4ドアハードトップ(ここではセンターピラーが存在しない4ドア乗用車を指す)のボディ形式を受け継ぎ、バブル期ならではの当時としてはクラス以上の豪華な内装を備えて登場した。
    カリーナとは英語の「竜骨座」を意味し、EDとはExciting Dressy(エキサイティング・ドレッシィ=刺激的でしゃれている)を略したものである。
    採用されたプラットフォームは5代目セリカと同一であり、セダンタイプより車高を抑えたスポーティーなスタイルが人気を博した。
    本モデルより姉妹車としてコロナExiv(エクシヴ)も登場し、バリエーションの広がりを見せた。
  • GT6収録モデル「X」は3S-FE型2.0Lエンジンを搭載しているが、本モデルが初採用といわれるデュアルモード4WS機構については再現されているか定かではない。
    なお、最上級グレード「G」では名機3S-GE型2.0Lエンジンを搭載している。

+  派生モデルの解説




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-19 (火) 11:40:12 (1878d)