Top > エネオス SC430 '08
分類性能
メーカーレクサス総排気量4,480ccPP565
国籍日本最高出力480PS/6,800rpm全長4,535mm
カテゴリレーシングカー/SUPER GT-GT500最大トルク52.0kgfm/5,600rpm全幅1,825mm
モデル高品質駆動形式FR全高---mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,100kg/50:50
内装再現PWR2.26kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.95,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンエンジンチューン・ターボキットのみ可

ENEOS.jpg

  • 2008年、ENEOS TOYOTA TEAM LeMansは前年のGT500チャンピオンである伊藤大輔を起用し、伊藤大輔/ビヨン・ビルドハイムというコンビでシーズンを戦った。
  • 伊藤大輔が加入し“名門復活”を図ったが、第5戦菅生を前に伊藤が不慮の事故によりしばらくレース活動を休止するという事態に陥ってしまった。
    その伊藤の代役を務めたのは、2006年まで同チームに所属していた飯田章(代役を務める前はTOYOTA TEAM SARDの監督を務めた)。第5戦〜第8戦に参戦し第6戦 鈴鹿1000kmでは6位、第7戦 茂木では4位に入るなど、随所で光る速さを見せ、素晴らしい走りを披露した。
    最終戦 富士では伊藤がようやく復活。復帰戦で3位表彰台を獲得した。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-19 (月) 13:02:22 (1179d)