Top > エクリプス GT '06
分類性能
メーカー三菱総排気量3,828ccPP431
国籍日本最高出力267PS/5,750rpm全長4,565mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク36.0kgfm/4,500rpm全幅1,835mm
モデル簡易駆動形式FF全高1,358mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,575kg/59:41
内装簡易PWR5.94kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,500,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 2005年にフルモデルチェンジし、4代目となった北米専売車エクリプス。
  • エクリプスは大きな進化をする。エンジンは2種類あったが、そのうち6G75型V6 3.8Lエンジン搭載車(GT6収録モデル)は大幅パワーアップとなる267馬力を発揮。
    ボディは先代同様マイルドながら、かつてのホンダ NSXよりも幅広の1835mmというダイナミックなものを手に入れた。
  • 売れ行きは発売から1週間で1万台以上受注という好調ぶりで、同時期に発売した6代目フォード マスタングとともに人気があった。
  • しかし、三菱の北米事業の販売不振により、2014年までに北米専用車全廃が宣言される。
    それに先立ち、2012年末にエクリプスの生産が終了。初代からの22年、エクリプスの歴史に幕が降ろされた。
  • 2006年まで先代のスパイダーモデルが日本でも販売されたが、本車は逆輸入されなかった。
    だが日本でエクリプスの活躍が話題にならなかったものの、2012年の販売終了まで北米で愛されてきたようだ。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-05-20 (月) 15:18:19 (35d)