Top > トミーカイラ ZZ-S '00
  • 総排気量:1998cc
  • 最高出力:195ps(203ps)/7300rpm(7500rpm)
  • 最大トルク:20.03kgfm(21kgfm)/6400rpm(6000rpm)
  • 駆動形式:MR
  • 全長:3630mm
  • 全幅:1740mm
  • 全高:1100mm
  • 車両重量:690kg
  • 重量バランス:50対50
  • 価格:Cr.5,162,800(走行距離26462km)
  • Lv:8
  • PP:467(482)
  • プレゼントカー入手:国内B級ライセンスをオールゴールドでクリア
  • 備考:()内の数値はリフレッシュ・OHした際のもの
  • 備考:トランスミッションは5速

ZZ-S00-1.jpg
ZZ-S00-2.jpg
  • トミーカイラがチューナーから一転、完全に新しく設計されたオリジナルのロードカーを販売する計画を立て、その第一弾となり唯一市販されたマシン。
  • しかし、当初の予定の430台を生産しきることなく販売を終えてしまうこととなる。
  • 契約書は430台分あり、売り切れていたのだが当時の運輸省に振り回されることとなり結果的に計画は中止されてしまった。
  • しかしその性能は確かで、元レーサーで自動車ジャーナリストのポール・フレール氏も「エリーゼにとって相応しいライバル。しかもエリーゼより性能は上。」と高く評価している。
  • また、エンジンをモーターへと載せ換えた「ZZ-EV」とZZIIベースの「ZZ-IIEV」が発表されている。京都大学と提携した事業となる。両車共に非常に軽量な設計であり、ふさわしい車だろう。
  • 余談だが、トミーカイラとは冨田 義一(とみた よしかず)と副社長の解良 喜久雄の名前が由来。
    さらに余談だがZZ(ダブルジィ)の由来は「爺さん二人の夢の車」。爺さんとはもちろん前述の二人である。

  • カラーバリエーション:Blue Metallic,Green Metallic,Red,Silver Metallic



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-18 (木) 04:48:45 (209d)