Top > スズキ スイフトスポーツ '07
  • 総排気量:1586cc
  • 最高出力:125ps/6800rpm
  • 最大トルク:15.10kgfm/4800rpm
  • 駆動形式:FF
  • 全長:3765mm
  • 全幅:1690mm
  • 全高:1510mm
  • 車両重量:1060kg
  • 重量バランス:61対39
  • 価格:Cr.1,630,000
  • Lv:0
  • PP:350
  • 備考:トランスミッションは5速

SWIFT-07-1.jpg
SWIFT-07-2.jpg
  • スイフトスポーツは、スズキの小型車スイフトをベースにスポーティーな仕様としたグレードの名称である。通称スイスポ(型式ZC31S)。
  • 3ドアのみ5速MT専用だった初代と異なり、本モデルは3,5ドアいずれのモデルも存在し、ATも追加されている。
    ただし、国内ではベースモデル同様5ドアのみであった。
  • エンジンは専用チューンが施された1.6リッターM16A型1.6Lで、最高出力は125psを発揮、速度計は220km/hスケールのものが採用されている。
    足回りは、リアサスペンション部の取り付け部分が強化されている他、テネコ社製ダンパーに加えて4輪ディスクブレーキを採用している。
    また、オプションでレカロ製シートも選択可能である。
    エクステリアも空力を考慮したデザインの専用エアロパーツを装着、「スポーツ」の名に恥じないものとなっている。
  • 本モデルは、2007年にマイナーチェンジを受けた後期型のため2型と呼称され、前期モデルの1型と区別されている。
    • その際のメカニズム的な変更点は以下の通り。
      5速MT車は1速のギア比変更(3.545→3.250)、ファイナルギア比変更(4.235→4.388)
      5速MT車のレッドゾーンの引き上げ(6800rpm→7200rpm)
      5速MT車のレブリミット変更(7000rpm→7500rpm)
      クラッチミートポイントの変更(1型より奥側に変更)
      ESP(横滑り防止機構)の搭載
      サスペンションのチューン(フロントロアアーム後ろ側のブッシュ硬度変更、欧州仕様ショックアブソーバー採用、伸び側減衰力を10%アップ)
  • 2010年にスイフトが3代目にフルモデルチェンジしたことに伴い一旦生産終了となり、その1年後の2011年に3代目をベースにしたスイフトスポーツが登場した。
  • かつてはNAロードスターシビックタイプRなど数多くの名車を輩出したテンロクスポーツも、スポーツモデル自体の衰退や自動車税制面での不利などが原因で、今やほとんど姿を消してしまっている*1
  • 余談。
  • ベースとなったスイフトは、かつては色々と訳アリな名前であった。
    というのも、国外ではスズキ・カルタスがスイフトという名称で販売されていたためである。
    その関係で国内で初代スイフトと呼ばれているHT51S型は欧州ではイグニスという名称で前述のスイフトと「併売」された*2
    これを憂慮したスズキは国内における2代目スイフトを世界共通の名称で販売することを決め、現在はこの状況は解消されている。
    が、スズキは世界共通の名称になったこのモデルを初代と扱っており*3、HT51S系は忘れ去られてしまったとネタにされることも。

  • カラーバリエーション:Champion Yellow 4,Supreme Red Pearl 2,Silky Silver Metallic,Pearl White,Azure Gray Pearl Metallic,Bluish Black Pearl 3


*1 4代目となる現行スイフトスポーツは、1.6LのNAではなく1.4Lターボとなっている
*2 実際にはこれにシボレー・クルーズ等が絡む
*3 累計販売台数も、世界戦略車となったZC11S系からの累計である。

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-12 (火) 19:49:41 (165d)