Top > X540 チェイサー '00
分類性能
メーカートムス総排気量---ccPP456
国籍日本最高出力320PS/6,400rpm全長4,715mm
カテゴリチューンドカー/コンプリートカー最大トルク42.0kgfm/2,800rpm全幅1,755mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,400mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,490kg/56:44
内装簡易PWR4.67kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.5,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンダート走行可
ダウンフォースは存在しない
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 当時のトヨタを代表するFRスポーツセダン、チェイサー。高級志向のマークIIやクレスタとは兄弟車の関係にある。
    「マークII三兄弟」と呼ばれた3台の中では最もスポーティで、1996年9月に登場した6代目はその路線を更に強めた。
  • 外装は鋭い丸型の4灯ヘッドランプにコの字型のブレーキランプを採用し、前後オーバーハングも兄弟車より短縮。
    内装も兄弟車とは異なりスポーティな黒基調とする等、従来と異なる「大人のスポーツセダン」らしい装いとした。
    ボディには衝突安全ボディ「GOA」が採用された為、若干の重量増となったが、剛性の大幅な強化に繋がっている。
    1998年8月に後期型へマイナーチェンジし、前後バンパーやライトの意匠変更、ボディ剛性向上等が行われている。
  • 収録モデルの『X540』はトヨタ系のチューニングメーカーであるトムスから発売されたコンプリートカーである。
    ベース車は最高出力280PSの2.5L直6シングルターボの1JZ-GTE型エンジンを搭載する最上位モデル「ツアラーV」。
  • チューニングはエアロパーツ装着や吸排気系強化による最高出力向上、サスペンションの一新と多岐に渡る。
    特にサスペンションは純正のダブルウィッシュボーンからトムスが独自開発した車高調整式の「Advox」に変更。
    これはダンパーのガス室に工夫を施し、バンプ・リバンプが切り替わる辺りでピストンを動かす事を可能とした。
    これらのチューニングにより、猫足と表現される乗り心地とベース車譲りの高い走行性能の両立に成功している。

+  ベース車のモータースポーツ活動




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-30 (土) 20:44:13 (185d)