Top > W12 ナルド '01
分類性能
メーカーフォルクスワーゲン総排気量5,998ccPP581
国籍ドイツ最高出力600PS/7,000rpm全長4,550mm
カテゴリノーマルカー/コンセプトカー最大トルク63.2kgfm/5,800rpm全幅1,920mm
モデル簡易駆動形式MR全高1,100mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量---kg(1,300kg)/50:50
内装簡易PWR2.16kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.125,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンダート走行不可
ブレーキ・TM・LSD・エンジン・ナイトロ・軽量化・ウィンドウのみ可
デフォルトでダウンフォースの調整が可能

  • 最初に発表されたのは1997年の東京モーターショーで5.6LW型12気筒エンジンを搭載し駆動方式は4WDであった。
    • 次に1998年のジュネーブモーターショー、エンジンは昨年のと同じだが駆動方式がMRになった。
  • そして2001年の第35回東京モーターショーで発表されたのが本収録車である。
  • レーシングカー然としたスタイルは、巨匠ジョルジェット・ジウジアーロのデザインによるもの。
  • W12の名はシート背後に搭載された 「D1」と呼ばれるW型12気筒エンジンから来ている。
    これは15度のバンク角をもっているV型6気筒を72度のバンク角で組み合わせたエンジンだ。
  • 最大出力600ps/7000rpm、最大トルク63.27kgm/5800rpmで最高時速は350km/hという強力なスペックであった。
    • しかし、この最高速度は理論値ではなく、モーターショー出展に先駆け、Nardo(車名のナルドもこれを意味している)というイタリアのテストコースで高速耐久テストを行い、 実際に叩き出した値なのである。
      24時間の平均時速は、322.9km/hという記録のほか、6つの世界記録と12ものクラス記録を樹立。途方もないビッグパフォーマンスを備えたコンセプトカーとなっている。
  • コンセプトカーとしてはとてもクオリティーが高かったものの市販されることはなく、D1エンジンは後に販売されたフェートンに採用された。

+  余談



*1 クランク縦置きV型2気筒も「Y型」と言われる事もあるが、こちらはただの通称である
*2 例えば1990年のF1グランプリに参戦していたライフのマシン・L190はW型12気筒とされているが厳密にはY型だったりする

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-18 (月) 16:26:25 (1666d)