Top > Kei ワークス '02
分類性能
メーカースズキ総排気量658ccPP308
国籍日本最高出力64PS/6,500rpm全長3,395mm
カテゴリノーマルカー/5ドアハッチバック最大トルク10.8kgfm/3,500rpm全幅1,475mm
モデル簡易駆動形式4WD(35:65)全高1,535mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量820kg/58:42
内装簡易PWR13.01kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.1,414,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • Keiは1998年10月の軽自動車規格改定直後に登場した、当時の新規格モデル。
    その名はズバリ「Kei」で、「軽の中の軽」を目指すという意味がこめられている。
  • 実に10回ものマイナーチェンジが行われ、フルモデルチェンジなしで2009年までの11年に渡って生産される長寿モデルとなった。
    だが残念ながら後継機の発表はなく、2009年のモデル生産終了時点でKeiの名は途絶えてしまった。*1
  • 収録のグレード「Keiワークス」は2002年に行われた5回目の改良(6型)で登場したホットモデル。
    既存の「Keiスポーツ」からの改名であったが、これはKeiスポーツがアルトワークスの意匠を引き継ぐモデルであったこと、「ワークス」の名前の復活を望む声が多かったことなどからこうなった。
  • ちなみに、Keiのエンジンを搭載したスズキオリジナルのフォーミュラカー「フォーミュラ スズキKei」というものがあり、以前はこれを使用したワンメイクレースが開催されていた。



*1 本当に残念がられたらしく、「Keiみたいな車をもう出さないのか?」と社長兼会長の鈴木修氏は度々言われたそうである。これが2014年に販売開始されたハスラーの開発動機の一つとされている

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-05-12 (日) 17:44:25 (43d)