Top > 4200R '89
分類性能
メーカーいすゞ総排気量4,200ccPP458
国籍日本最高出力304PS/-rpm
(304PS/6,000rpm)
全長4,630mm
カテゴリノーマルカー/コンセプトカー最大トルク---kgfm/---
(43.7kgfm/4,000rpm)
全幅1,910mm
モデル高品質駆動形式MR全高1,349mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量---kg(1,500kg)/50:50
内装再現PWR4.93kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.30,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンボンネットのみ不可

4000.jpg

  • いすゞ 4200Rは、89年の第28回東京モーターショー出品車に出展されたコンセプトカーである。
    デザインを手掛けたのは、後にビークロスのコンセプトモデル(1993年)等を手掛けた中村史郎氏(現:日産自動車常務執行役員)である。
  • その車名は見ての通りエンジンの排気量4200ccに由来し、いすゞのフラッグシップである事を主張するRの文字が付加されている。
    流麗なデザインの車体にV8 4.2リッターエンジン、ロータスとの共同開発による操縦安定性と乗り心地を両立したアクティブサスを搭載。
    MRでありながら2+2(大人2人と子供2人)とし、最低限の実用性も確保した。
  • ところが、当時のいすゞ自動車はSUVメーカーに舵を切りつつあり、1993年には乗用車の自社生産から撤退を発表。
    この波乱を受けて4200Rは役割を失い、製作された4200Rは解体されることとなってしまった。
  • それから20年。カリフォルニアで行われたPebble Beach Concours d'Elegance”の審査員席で、中村史郎と山内一典が出会う事となった。
    かつて幕張で4200Rの実車を目撃していた山内氏は、当時のエピソードを聞くや否や、「グランツーリスモ」を通じて4200Rを蘇らせようと提案。
    1年以上に及ぶ制作期間の末に完成した収録モデルの4200Rは、中村氏本人の手による監修が微細に渡り行われているということである。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-24 (水) 01:35:50 (1903d)