Top > 1500ビポスト ベルトーネ B.A.T 1 '52
分類性能
メーカーアバルト総排気量---ccPP300
国籍イタリア最高出力---PS/---
(75PS/5,500rpm)
全長---mm
カテゴリノーマルカー/空力実験車両最大トルク---kgfm/---
(10.1kgfm/4,000rpm)
全幅---mm
モデル高品質駆動形式FR全高---mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量---kg(870kg)/54:46
内装再現PWR11.60kg/PSTM4速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.350,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---

BAT1.jpg

  • 1952年のトリノ・モーターショーで公開されたコンセプトカー。デザイナーは当時ベルトーネに在籍していたフランコ・スカリオーネ氏。
    正式名称は「アバルト 1500ビポスト」だが、連作となったため後に「B.A.Tコンセプト」と呼ばれる事になる。
  • 車名のB.A.Tとは「Berlinetta Aerodinamica Tecnica」の頭文字から取られており、すなわち「空力実験車両」の意。
    学生時代に航空機学を学んでいたスカリオーネ氏は、2度の世界大戦を経て大きく発展した航空力学を、自動車に取り入れようとしたのである。
    一見奇抜なデザインだが、行われた風洞実験では良好な結果を示し、「1950年代初めで既に空気の流れを読んでいた」と絶賛を浴びたという。
  • B.A.TコンセプトはNo1〜11まで存在し、その内No1・No5・No7・No9をスカリオーネ氏が手掛けた。収録車両は最初期のB.A.T1である。
    シャシーはフィアットのものを使用しており、エンジンはアバルトがチューンした1.5リッターの4気筒エンジンが搭載された。
    その後、B.A.Tコンセプトはアルファロメオ・1900Cのシャシーを用いて、数々の進化を続けていく事になる。
  • ショー後、B.A.T1はアメリカのパッカードに買い取られ、数回オーナーを変えた後、30年に渡って死蔵された。
    それをイギリスのクリス・ドレイク氏が完璧なまでにレストアし、2010年のペブルビーチ・コンクール・デレガンスに出品。
    見事グランツーリスモ・トロフィーを受賞し、本シリーズに収録されたのである。

+  不具合




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-10 (日) 18:25:55 (1419d)