Top > 147 2.0 ツインスパーク '02
分類性能
メーカーアルファロメオ総排気量1,969ccPP366
国籍イタリア最高出力150PS/6,300rpm全長4,170mm
カテゴリノーマルカー/3ドアハッチバック最大トルク18.5kgfm/3,800rpm全幅1,730mm
モデル簡易駆動形式FF全高1,420mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,280kg/62:38
内装簡易PWR8.59kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,059,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

#ref(): File not found: "147 2.0.jpg" at page "147 2.0 ツインスパーク '02"


  • 2000年に145(GT6未収録)の後継としてデビューしたのが147である。日本では2001年から販売された。
    145と同じくフィアット ティーポのコンポーネントを共有しており、145と155の関係と同じく156と兄弟車である。
    欧州では激戦区となるCセグメントにおいて、ホットな走りと個性的なスタイルで独自のスタイルを確立している。
    2002年インポートカーオブザイヤーや2002-2003グッドデザイン賞を受賞しプレミアムスポーツコンパクトというジャンルを築いた車として評価が高い。
  • 日本でのデビュー時は、ツインスパークと呼ばれる1気筒あたり2本のプラグを使用する2.0L直列4気筒エンジンのみだったが、後にエントリーモデルとして1.6Lグレードが設定された。
    トランスミッションはマニュアルモード付5速ATのセレスピードのみだったが直ぐに5速MTが追加された。
    2.0Lで150ps、1.6Lで120psとホンダVTECやトヨタ4A-Gのような高回転型ではないが、アルファロメオの名に恥じないフィーリングとサウンドはドライバーを魅了するには十分すぎるほどである。
    2.0Lはバランスシャフト付であるためレブリミットまで非常に気持ちよく回るのが特徴。トルクも大きいためゆったりとワインディングを流すことができる。
    1.6Lはバランスシャフトが無く回転フィールという点では2.0Lには劣るが、60kgほど軽いノーズはハンドリングにおいて勝っており、5速MTを駆使すれば軽快に走ることが可能だ。
  • 足回りはフロントがダブルウィッシュボーン、リアがマクファーソンストラットでアルファロメオらしいスポーツ色の濃い味付けが特徴である。
    145ではサスペンション設計の古さによる安定性の低さが目立ったが、新しいシャシーに合わせて専用設計されたため高速走行時の安定性やハンドリングは大幅に向上した。
    他にもボディ剛性強化やロックトゥロック2.2回転というクイックなステアリング設定などでスポーツ性を向上させ、FF車とは思えないハンドリングを実現している。
  • 「スポーティ&プレミアム」という方向を目指しただけあって、走りの性能だけでなくインテリアの性能も高い。
    左右独立調整式オートエアコンやCDチェンジャー、BOSE製オーディオ、オーディオコントローラー付ステアリングなどスポーツ色を高めた車種とは考えられないほど装備は充実している。
  • 2002年には最上級のスポーツグレードであるGTAが追加された。
    その後、2004年にジョルジェット・ジウジアーロによるフェイスリフトが行われ後期型へとバトンタッチした。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-09-20 (日) 22:11:05 (1546d)