Top > 風籟 '08
分類性能
メーカーマツダ総排気量---ccPP642
国籍日本最高出力---PS/---
(508PS/9,000rpm)
全長---mm
カテゴリレーシングカー/コンセプトカー最大トルク---kgfm/---
(41.4kgfm/8,500rpm)
全幅---mm
モデル簡易駆動形式MR全高---mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量---kg(675kg)/45:55
内装簡易PWR1.32kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.125,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンエンジンチューン・ターボキットのみ可
+  ←カラーバリエーションを表示

  • マツダ 風籟(ふうらい)は、2008年1月に開催されたデトロイトモーターショーで発表されたコンセプトカーである。
  • アメリカン・ルマン・シリーズ(ALMS)のLMP-2クラスでマツダが採用した仏クラージュ社のプロトタイプレースカーであるC65シャシーをベースに製作されたため、コンセプトカーながら実際に走行することも可能である。
    搭載されたエンジンはトリプルローターを装備するR20B型ロータリーエンジンで、燃料はエチルアルコールを採用しているが、残念ながら本作の仕様上、ガソリン車との燃費の違いは再現されていない。
    その最高出力はマツダ発表の資料によれば450psを発揮し、本作での車体重量はわずか675kgであることから、収録車種全体を見渡しても申し分ない性能を誇る。

+  凄惨な最期




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-16 (火) 18:31:15 (67d)