Top > ファイヤーバード トランザム '78
分類性能
メーカーポンティアック総排気量6,558ccPP415
国籍アメリカ最高出力223PS/4,000rpm全長4,999mm
カテゴリノーマルカー/ポニーカー最大トルク44.3kgfm/2,800rpm全幅1,864mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,257mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,640kg/56:44
内装再現PWR7.35kg/PSTM4速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
ボンネットのファイヤーバードは塗装したカラーリングによって変動する
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

トランザム.jpg

  • ポンティアック・ファイヤーバードは、かつてゼネラルモータースが製造していたポニーカーである。
    シボレー・カマロとはプラットフォームを共有する姉妹車であり、収録モデルのファイヤーバードは1970年に登場した2代目にあたる。
    ライバルはベストセラーを記録したフォード・マスタング。これと戦うために多数のグレードやオプションが用意されていた。
  • このファイヤーバードは、フロントライトを角型四灯にモディファイした後期型で、通称「イーグルマスク」と呼ばれる。
    用意されたエンジンは400ciと403ciのV8ユニットだが、排出ガス規制の強化により、馬力は以前より大きく控えられた。
    しかし、簡単なチューニングで500馬力以上の大出力を発揮できるように設計されてもいた。
  • トランザムはカマロにおける「Z28」に相当するハイパフォーマンスグレードであり、ポンティアックでは最上級グレードである。
    トランザムの名前の由来は、市販車ベースのレース「Trans-American Sedan Championship」から取られている。
  • 収録モデルのファイヤーバード トランザムは、1978年における最上級グレード、且つオプションをてんこ盛りに搭載したもの。
    圧縮比を上げた6.6Lエンジンはポンティアック専用ユニットで、年々落ちる一方だった出力を10%向上させた。
    カラーは1976年に登場した特別仕様で、ホイールを含む車体の随所が金のデカールで彩られている。
    この車両は、バート・レイノルズが主演する映画「トランザム7000」にも使用された事で知名度が高く、また日本ではスーパーカーブームの真っ最中だった事もあって、国内外で絶大な人気を誇ったモデルである。



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-18 (火) 22:13:25 (306d)