Top > タスカン スピード 6 '00
分類性能
メーカーTVR総排気量3,996ccPP500
国籍イギリス最高出力365PS/7,000rpm全長4,235mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク42.8kgfm/5,250rpm全幅1,810mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,200mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,100kg/50:50
内装再現PWR3.00kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.9,480,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

タスカン.jpg

  • 1960年代にサーキットで暴れ回った初代タスカン(未収録)の2代目で、本国では1999年、日本では2000年末より販売が開始された。
    初代の血統と創始者トレバー・ウィルキンソンの「スポーツカーは大馬力で軽量であればそれでいい」という考えをしっかりと受け継いでいる。
  • FRP製のルーフは脱着可能で、タルガトップやロールバー付きオープンカーにする事もできる。
    内装はダッシュパネルやシフトノブにアルミニウムを採用し、各種スイッチにはなんと真鍮が使われている。
    パイオニア製オーディオ以外は全てオリジナルパーツで構成され、かなり過激なデザインとなっている。
  • エンジンは自社製の4L直列6気筒DOHC。スピード6のネーミングはこのエンジンから来ている。
    V8ではなく直6を選んだ理由は、トランスアクスルレイアウトではないためV8では足の置き場所が無くなってしまうからだという。
    直6の弱点である重心高の高さを克服するため、ドライサンプ化し30度傾けて搭載。ドライサンプシステムはシャシーの下に搭載されている。
    最高出力365ps、最大トルク42.86kgfm、0-60mph加速は僅か4.2秒、PWRは3.01、最高速度は280km/h以上と驚きの数値が並ぶ。
    それらに1100kgと軽い車重が合わさって非常に軽快な走りを見せてくれる。
  • この手のスポーツカーにはよくある事だが、壊れてはいけないところが普通に壊れる。
    タルガトップからの雨漏り等は勿論、真夏にエアコンが動かない、メーターが正確に速度を示さない等はもはやギャグの領域である。
    アルミ製のシフトノブとハンドブレーキは駆動系の熱が伝わりやすく、夏場はグローブをつけないとまともに触れられないほど熱い。
  • 本車の運転には高い運転技術と勇気を求められる。それもそのはず、TCSはおろか、ABS、エアバックすら装備されていないのである。
    その怖さは3速でもコーナー脱出でリアタイヤが横に吹っ飛ぶほどであるという。
  • 価格は収録モデルのスピード6で850万円ほど、5速MTのみでATの設定はもちろん無い。
  • 2006年にマイナーチェンジされ、ヘッドライトが6つから4つになった他、テールランプユニットや内装が変更され3代目となった。
    エンジンも400psにパワーアップしECUこそ備わっているものの、可変バルブタイミング機構等の電子制御なしでリッター100psを達成した。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-27 (日) 17:18:30 (268d)