Top > スカイライン GTS-R (R31) '87
分類性能
メーカー日産総排気量1,998ccPP400
国籍日本最高出力210PS/6,400rpm全長4,660mm
カテゴリノーマルカー/ホモロゲーションモデル最大トルク25.0kgfm/4,800rpm全幅1,690mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,365mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,340kg/59:41
内装簡易PWR6.41kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,400,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 1985年8月に登場した7代目スカイライン(R31型)。通称は「7th(セブンス)」「都市工学スカイライン」。
    内外装のデザインは先代後期型のキープコンセプトで、ボディサイズを拡大する事で質感向上を図った。
    上級モデルには新世代メカニズムの直6エンジン「RB型」や、4輪操舵システム「HICAS」が採用された。
  • 発売当初は4ドアモデルしかなく、PR上でも「大人のセダン」として推され、車好きからは不評だった。
    翌年5月には2ドアクーペの「GTS」が追加、PRに於いてもスポーツ路線が強調され、人気を取り戻した。
    1987年8月の後期型では全モデルで外装を2ドアクーペと共通とし、エンジンも最高出力が強化された。
  • 収録モデルの『GTS-R』は後期型にて800台が限定販売された、グループA用のホモロゲーションモデル。
    大型のタービンや空冷式インタークーラー、等長排気マニホールドを採用し、最高出力は210PSを達成。
    外装は通常のGTSでは可変式だったフロントスポイラーを固定式とし、大型リアスポイラーも装着した。
    このようなレースに勝つ為の専用装備を持ちながら、グレード名が『GT-R』でない事は話題を呼んだ。
  • レース活動は先代の後を継いで全日本ツーリングカー選手権(JTC)に1988年から参戦、猛威を振るった。
    JTC終息後の全日本GT選手権にもクラス2(後のGT300)にJTC車両が参戦、1995年にタイトルを獲得した。



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-23 (土) 20:52:00 (6d)