Top > ジェネシス クーペ 3.8 トラック '13
分類性能
メーカーヒュンダイ総排気量---ccPP465
国籍韓国最高出力349PS/6,400rpm全長4,630mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク40.3kgfm/5,100rpm全幅1,864mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,384mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,557kg/56:44
内装再現PWR4.47kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,300,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

ジェネシス.jpg

  • ジェネシスはヒュンダイから発売された高級セダンで、ヒュンダイ史上初めてFRを採用したクルマである。
    それをベースにクーペを作り、2008年より販売開始した。収録モデルは2012年にマイナーチェンジされた後の後期モデルである。
    エンジンは2.0Lの直4ターボと3.8LのV6を選択でき、どちらも6速MTが用意された。オプション設定だが、5速/6速ATも用意されている。
  • 日本では2009年にヒュンダイが日本市場から撤退したので正規販売されていないが、フォーミュラDでの活躍や「安く買える2Lターボのクーペ」という事で、OPTION2やドリフト天国などの編集をしているディーズ・クラブなどが設立した「ジェネシスJAPAN PROJECT」が日本に並行輸入して販売している。
    当初は2.0Lターボモデルだけの販売だったが、現在は3.8Lモデルとジェネシスセダン、更にはヴェロスターターボも扱っている。
  • 日本では評判の悪いヒュンダイだがこの車は海外で爆発的に売れ、世界にヒュンダイの名を知らしめた。
  • また、日本のチューニングパーツメーカーもこの本車専用のパーツを販売しており、並行輸入車としては珍しい(?)事例である。
  • 2016年6月、生産を終了。
    後に車名のジェネシスは、ヒュンダイの高級ブランドの名で復活した。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-22 (土) 22:06:14 (353d)