Top > カマロ IROC-Z コンセプト '88
分類性能
メーカーシボレー総排気量5,700ccPP422
国籍アメリカ最高出力233PS/4,400rpm
全長4,877mm
カテゴリノーマルカー/コンセプトカー最大トルク45.6kgfm/3,200rpm
全幅1,849mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,278mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,468kg/54:46
内装簡易PWR6.30kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.4,500,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューントランスミッション・ターボキットのみ不可

  • 1982年にカマロは三代目に進化した。ハッチバックボディやインジェクションを初めて採用するなど、新世代スポーツクーペとしてふさわしい改良を受けている。
    • ただし、スペックはアメ車の割には低い。排ガス規制真っ盛りの時期だったため仕方ないとも言える。
  • 当時世界を席巻していたスーパーカー、フェラーリ F40を参考にしてデザインされたといわれ、真紅のボディや巨大なリアスポイラーがまさにそれを物語っている。
  • このマシンは元々は試作車の一台だったが、後にGMデザインスタジオのカラーサンプルとして使用されることになった。
    カラーサンプル車は後に廃車になることが多いが、このモデルは現在でも大切に保存されているようだ。



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-16 (火) 19:05:42 (97d)