Top > RC F '14
分類性能
メーカー/国籍レクサス/日本総排気量4968cc全長4,705mm
カテゴリー1N500最高出力476PS/7,000rpm全幅1,850mm
カテゴリー2ノーマルカー/スポーツカー最大トルク54.0kgfm/5,000rpm全高1,390mm
内装あり駆動形式FR車両重量1,790kg
年式2014吸気形式NATM8速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.9,530,000制限ダート走行不可
その他---特記アクティブエアロシステム搭載
+  ←カラーバリエーションを表示

rcf.jpg
  • ↓アクティブエアロシステム:高速走行時に作動する
rcf_a.jpg

  • 同社の4ドアセダン「IS」の2ドアクーペかつハイパフォーマンス版として開発され、2014年10月に発売されたレクサス・RC。
    RCは「Radical Coupe」を意味し、本車両の発売以前に取り扱っていた2ドアコンバーチブルクーペ「SC」「IS C」の穴を埋める役割も担う。
  • 収録モデルはトヨタ/レクサスのホームコースである「富士スピードウェイ」に由来するレクサスのスポーツフラッグシップ、"F"モデル。
    LFAが事実上の限定生産モデルであったことから、2007年~2014年に販売された「IS F」以来のスポーツフラッグシップと見る場合もある。
  • 搭載するV8エンジン(UR系)とミッションはIS Fのキャリーオーバーだが、エンジンヘッドやミッションの制御プログラミング等を強化・改良。
    これにより最高出力はIS Fでの423PSから477PSにまで向上、リッター100PSよりも実用域のトルクを犠牲にしない事を優先して仕上げられた。
    また、駆動系には後輪の左右の動力配分をアクティブに制御するTVD(ランサーエボリューションのAYCのような物)がオプション設定可能。
  • 2018年10月にRC、翌年5月にRC Fが外装や足回り等の変更による走行性能の更なる強化、内装変更等を含むビッグマイナーチェンジを実施。
    特にRC Fにはサーキット専用モデル「CCS-R」の4人乗り公道仕様と言える、軽量スパルタングレード“Performance package”が追加された。
    同グレードは各所にカーボン製エアロパーツや軽量強化パーツが奢られており、車両本体価格は通常のRC Fから約400万円高となっている。

+  RC Fのモータースポーツ活動



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Thu, 19 Mar 2020 02:11:35 HAST (1434d)