Top > RC F GT3 (Emil Frey Racing) '17
分類性能
メーカー/国籍レクサス/日本総排気量5407cc全長4,846mm
カテゴリー1Gr.3最高出力532PS/6,500rpm全幅2,030mm
カテゴリー2レーシングカー/International GT Open-Pro*1最大トルク61.9kgfm/4,500rpm全高---mm
内装あり駆動形式FR車両重量1,300kg
年式2017吸気形式NATM6速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.45,000,000制限---
その他---特記---

rcfgt3_17.jpg

  • 2016年のVLN9に登場したRC F GTプロトタイプの姿ほぼそのままに、2017年にデビューを果たしたのが2017年型RC F GT3である。
    本モデルではようやくFIAのホモロゲーションも得る事ができ、FIA-GT3正式デビューと相成った。
  • エクステリアはプロトタイプからあまり変わらないように見えるが、その中身はシンプル化をコンセプトに掲げ開発した結果、全くの別物と思える程の進化を遂げている。
  • まずはボディの寸法。前年モデルに比べると全長およびホイールベースが40mm延長され、安定性が向上した。
    また空力も見直され、開発陣によればより扱いやすい車となったという。
  • サスペンションは従来のアウトボード式から、前後共にプロトタイプカーやフォーミュラーカーのようなインボード・サスペンションへと変更。
    これにより、フロントではダンパーを支えていたフレームを、リヤではサスペンションタワーを撤去する事が可能となり、大幅な軽量化と車両バランスの向上に貢献した。
  • また、プロトタイプでは車体の中心にトランスミッションを置き、リヤにデフを置くセミトランスアクスルレイアウトという方式を採っていたが、ごく一般的なトランスアクスル方式へ変更。また、これに伴いエンジンとトランスミッション、デフの位置を見直し、軽量化と低重心化を同時に行う事ができた。
  • 軽量化と共に課題に上がっていたエンジンパフォーマンス不足も、70㏄の排気量アップと、リストリクターをツインタイプとし空気の充填効率を上げる事で対策を図った。
  • 内装に至っても、従来の市販車の面影を残したダッシュボードを簡素化。ステアリング形状もGT500車両で使用している物と似た形状に改められた。
  • 徹底的なシンプル化とレーシングカー化を行った結果、プロトタイプから40kgの軽量化に成功。
    開発ドライバーをして「本物のレーシングカーになった」と太鼓判を押す程の進化であった。
  • 本車両で2017年のINTERNATIONAL GT Openに参戦したEmil Frey Lexus Racingは開幕戦と第2戦、第5戦のレース1と最終戦のレース2にて優勝し、計4勝を挙げる大活躍を見せたものの、ドライバーズランキングは惜しくも3位でシーズンを終えている。
    • この年のINTERNATIONAL GT OpenではFarnbacher Racingと共に2台のRC F GT3が参戦したが、全14戦中6戦をRC F GT3が制するという快挙を成し遂げている。

+  余談



*1 FIA-GT3

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Thu, 18 Apr 2019 05:28:29 HADT (912d)