Top > 車両の特徴
  • 本作に収録されている車両の特筆すべき特徴・仕様を解説するページです。
    あくまでゲームシステムとしての特徴を載せるだけであり、自動車用語全般について解説する訳ではありません。
    編集する場合、用語の解説をし過ぎてシステムの説明が御座なりにならないよう注意してください。
    自動車用語についてはGT SPORT 用語集を参考にしてください。なお、紹介されている車両はあくまでも一部です。


リトラクタブル・ヘッドライト Edit

popup.jpg

写真はトヨタ MR2 GT-S

解説

  • 一言で言えば「可動式ヘッドライト」である。消灯時はボンネット内部に格納され、点灯時のみ外部に展開される構造を持っている。
    他に似たような可動式ヘッドライトの例として、ランボルギーニ ミウラの「ポップアップ式ヘッドランプ」がある。
    かつては現在より厳しいヘッドライトの位置に関する規制をクリアしつつ、車体前部の高さを下げる目的で、スポーツカーやスーパーカーに採用例が多かった。
  • 現在リトラクタブル・ヘッドライトは、部品点数の増加によるコストや重量の増加、安全性等の問題により、新車市場より消滅している。
    日本国内では2002年に生産終了したFD型RX-7が、世界的に見れば2005年にフルモデルチェンジしたC5型コルベットが最後である。
  • 以上の理由から新規開発・販売は困難だが、現在でもスタイリング面の魅力等から、本機構を装着した車両は根強い人気を持っている。

本作におけるリトラクタブル・ヘッドライト

  • 本作では、常時点灯状態の鈴鹿サーキット等の例外もあるが、基本的には暗い時間帯での走行時に点灯する仕様となっている。
    また、パッシングによって任意で展開・点灯させる事も可能(ただしパッシングが終了すると自動的に格納される)。
    前述のミウラのポップアップ式ヘッドランプについても同様である。

オープンカー Edit

roadster.jpg

写真はマツダ ロードスター S (ND)

解説

  • 屋根が存在しない、あるいは屋根の開放が可能な車両を指す。乗用車・スポーツカー問わず数多い。
    ただし、フォーミュラカーやオープンドLMP等のレーシングカーは当てはまらない。
    その殆どは屋根の取り外し、もしくは格納が可能な構造を持ち、布製の幌以外にもハードトップが用意されているものも数多い。
    「オープンカー」は和製英語で、海外ではロードスター、カブリオレ、コンバーチブル、スパイダー等と呼ばれる。
  • 趣味性が高い車に多く採用される他、パレードや式典等でも積極的に用いられている。
    後者の場合においては、オープン仕様の設定されていない高級セダン等を特別に改造し、オープン化する事もある。

本作におけるオープンカー

  • 本作のオープンカーは屋根の開閉の任意選択ができず、オープンかクローズドかはクルマによって異なる。
    現状で唯一の例外がユーノスロードスターで、ブランドセントラル等ではオープン状態だが、レース時にクローズド化される。

アクティブエアロシステム Edit

activeaero.jpg

写真はメルセデス AMG GT S

解説

  • 走行状態によって自動で可変するスポイラー全般の事を指す。
  • ウィングの角度が、直線で高速度に達した際はダウンフォース低め、コーナリング時はダウンフォース高めの角度に自動調節される。

本作におけるアクティブエアロシステム

  • ある一定の速度領域に達すると自動的に作動し、高速走行時の安定化、及び後輪のグリップ力を増大させる働きをする。
    本システムの影響は高速域ほど分かりやすく、車両によっては目に見えて実感できるほどに車高が下がる。

空力ブレーキシステム Edit

airbrake.jpg

写真はマクラーレン 650S クーペ

解説

  • 前述のアクティブエアロシステムの一種。アクティブリアウィングはグリップ力や安定性の向上を図るのが目的なのに対し、こちらは写真のように通常のブレーキと合わせて、空力付加物による減速力の向上を図るのが目的である。
    写真の650Sのような可変式のリアウィングの他にもNASCARのルーフフラップや、ドラッグレースカーがゴールライン通過後に展開するドラッグシュート等もこれに含まれる。

本作における空力ブレーキシステム

  • 高速走行からのブレーキング時に大きく持ちあがり、空力ブレーキとして作用する。

空気抵抗低減システム Edit

drs.jpg

写真はメルセデス AMG F1 W08 EQ Power+ 2017
(手前がシステム作動中、奥が通常状態。リアウイングの可動部分の角度が異なる)

解説

  • 前述のアクティブエアロシステムの一種。
    一般的に英語表記であるDrag Reduction Systemの頭文字を取って、「DRS」と呼称される。
    エアロパーツによるダウンフォースはマシンの安定性を向上させるが、それは空気抵抗でもあるため、加速・最高速は低下してしまう。
    そこでこのシステムでは、全開加速区間においてリアウイングの可動部分の角度を緩くする事で、ダウンフォースを減らして加速力を向上させるものである。
  • 主にオーバーテイクの機会を増やすために考案されたシステムであるが、ダウンフォースの削減により、それに起因するダーティーエア(タービュランス)の軽減にも繋がっている。

本作における空気抵抗低減システム

  • 全開加速区間において一定速度以上で走行する事で使用可能になる。
    ただし直線か緩いコーナー限定であり、仮に全開走行状態であっても、ある程度の角度が付いたコーナーでは作動しない。
    Ver.1.35までは全自動で作動していたが、現在は一部を除いてオーバーテイクボタンを使用しての手動操作が必要。

オーバーテイクシステム Edit

overtaking.jpg

写真はダラーラ SF19 スーパーフォーミュラ / トヨタ
(作動中はリアの赤いランプが点滅する)

解説

  • スーパーフォーミュラに搭載されている、全開加速区間でのオーバーテイクをやりやすくするシステム。
    使用中は燃料の噴射量が増加し、エンジン出力が向上する。
  • 使用時間には制限が存在し、2019年のレギュレーションでは1レースにつき合計100秒、そして1度使用を終了するとそこから100秒間は再使用不能となる。

本作におけるオーバーテイクシステム

  • オーバーテイクボタンを押すと1秒単位で作動する。
    本作では上記の制限のうち後者は設定されておらず、残り時間さえあれば連続しての使用も可能である。
    デフォルトでの使用可能時間は実際のレギュレーションと同じく1レースにつき100秒であるが、レースイベントの設定により変動する。
    カスタムレースではこの使用可能時間を0.1倍から10倍の間で、0.1倍刻みで設定可能。
  • オーバーテイク用のシステムであるため、タイムトライアルなどライバルカーがいないモードでは使用不可。

ハイブリッドカー Edit

hybrid.jpg

写真はホンダ NSX '17

解説

  • ハイブリッドカーとは、簡単に言えば「異なる2つ以上の動力源を持つ自動車」の事である。
    一般的には「ガソリンエンジンと電動モーター双方を搭載したクルマ」という意味で用いられている。
    しかし電気モーターの使い方はクルマによって様々で、低速時はモーターで走行して高速時にエンジンを使用するものや、常にエンジンを使用してモーターを補助として使用するものなどがある。

本作におけるハイブリッドカー

  • 上の節で電気モーターの使い方について記述したが、本作に収録されているクルマはほとんどが後者のパターンである。
    本作ではバッテリー残量や減速時の充電を、燃料インジケーター内部のバッテリーメーターで確認する事が可能。
    なお、一旦バッテリーを使い切ってしまうとパワーダウンしてしまう欠点もある。ただし、燃料を使い切らない限りは走行不能にはならない。

運動エネルギー回生システム Edit

kers.jpg

写真はレクサス LF-LC GT “Vision Gran Turismo”

解説

  • 一般的なクルマの場合、ブレーキング時に運動エネルギーを熱エネルギーに変換して放出することで制動を行う。
    しかし、このシステムは発生したエネルギーを車体内に一時的に保存し、駆動輪の回転をアシストするように放出するものである。
    英語表記であるKinetic Energy-Recovery Systemの頭文字をとって「KERS」と呼ばれることが多い。

本作における運動エネルギー回生システム

  • 一部のハイブリッドカーで使用可能。
    バッテリーゲージの残量がある状態でオーバーテイクボタンを押すことで作動し、加速性能を向上させることができる。

電気自動車 Edit

ev.jpg

写真はBMW i3

解説

  • ガソリンではなく電気をエネルギー源とし、エンジンではなくモーターを動力として走行する車両。
    近年エコカーとして注目を浴びてはいるが、未だ発展途上の段階であり、幅広い普及にはまだまだ時間を要する。
    車両価格の高さ・充電時間・充電環境・バッテリーの寿命・インフラ整備・短い航続距離等、解決・改善すべき問題は数多い。

本作における電気自動車

  • 電気モーターの仕様上、超低回転から最大トルクを発生できるので、0km/hからの加速性能は同馬力のガソリン車のそれを大きく上回る。

レーシングカート Edit

kart.jpg

写真はGTオリジナルのグランツーリスモ レーシングカート 125 シフター

解説

  • モーターレーシング界の登竜門、レーシングドライバーの入門クラスとして位置付けられており、有名なドライバーの大半はカートの出身・経験者である。
    フロントシャフトに直結したステアリング・一般的にはリアブレーキのみ・サスペンションが存在しない等、入門用らしく非常にシンプルな車体構造にされている。
    競技のみならず、遊園地等で遊技・娯楽用としても親しまれており、そちらはレーシングカートと区別するために「ゴーカート」と呼ばれる。
    構造上、右足がアクセルペダル、左足がブレーキペダルとハッキリ分かれているため常に左足ブレーキの状態。そのためカート出身者は左足ブレーキングに慣れているとされる。

本作におけるレーシングカート

  • レーシングカートは一般的な自動車と違って極めて単純なメカニズムであるがゆえに限界が低く、スピンしやすい。扱いには特殊な技術を要する。
    また、他の車両とは違い燃料タンクは最大6リットルで、燃料が切れるとスピードは40km/hに制限される。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Mon, 14 Oct 2019 08:43:16 HADT (733d)