Top > ランサーエボリューション IV GSR '96
分類性能
メーカー/国籍三菱/日本総排気量1997cc全長4,330mm
カテゴリー1N300最高出力277PS/6,500rpm全幅1,690mm
カテゴリー2ノーマルカー/ホモロゲーションモデル最大トルク35.9kgfm/3,000rpm全高1,415mm
内装あり駆動形式4WD車両重量1,350kg
年式1996吸気形式TBTM5速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.3,000,000制限---
その他---特記アクティブ・ヨー・コントロール・システム搭載
+  ←カラーバリエーションを表示

evoiv.jpg

  • WRCのグループAのホモロゲーション取得の為、1992年にデビューした「ランサーエボリューション」、通称「ランエボ」。
    この「エボIV」は、1995年にフルモデルチェンジした5代目ランサーをベースに1996年に発売された第2世代初のランエボ。
    第1世代のエボI~エボIIIが人気を博した事も手伝って爆発的な人気を獲得し、歴代ランエボの中で2番目に生産台数が多い。
  • 街乗りの「GSR」・競技用の「RS」の2グレード構成、エンジンの4G63型を第1世代から引き継ぎつつ、各所で改良が行われた。
    エンジンは第1世代に対し搭載方向の反転等の構造変更でパワーロスを軽減した結果、ランエボ初の最高出力280PSを達成した。
  • 機構的なトピックとして、「GSR」に新技術の『アクティブ・ヨー・コントロール・システム(AYC)』を採用した事が挙げられる。
    これはハンドル角・速度・ブレーキ・旋回G等のセンサーを基に後輪左右の駆動移動をコントロールする、電子制御デフの一種である。
    本車のAYCは初物故に制御にクセがあり異音や故障も起きやすいと評価されたが、これによる旋回性能の向上は確かなものであった。
    ここからAYCは制御等の改良をランエボと共に続け、後のランエボはAYCによる4WDらしからぬ高い旋回性が特徴の1つとなっていく。
  • このような大きな進化を行い、WRCでも活躍したエボIVだったが、タイヤのサイズ不足やエンジン・ブレーキの排熱に悩まされた。
    結果的にエボIVはランエボとして最後の5ナンバー車となり、1998年に登場したエボVは弱点改善の為にボディを拡大する事となる。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 03 Dec 2021 02:13:07 HADT (174d)