Top > NSX '17
分類性能
メーカー/国籍ホンダ/日本総排気量3492cc全長4,490mm
カテゴリー1N600最高出力578PS/6,700rpm全幅1,940mm
カテゴリー2ノーマルカー/スーパーカー*1最大トルク56.1kgfm/2,000rpm全高1,215mm
内装あり駆動形式4WD車両重量1,780kg
年式2017吸気形式TBTM9速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.20,000,000制限---
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

nsx_17.jpg

  • 先代であるNA型の生産終了から10年、ついに復活したホンダのフラッグシップモデルNSX。
    先代は800-1000万という(当時の基準からしたら)特徴的な値段であったが、本車は2000万を余裕で超える2300万というプライスカードが付いている。
    先代は「安価なスーパーカー」とは呼ばれていたが、本車はまさにスーパーカーの土俵に踏み込んだ値段設定である。
  • コンセプトモデル自体は2012年に発表され、2013年頃からはデモランで姿を見せたり、ニュルでスパイショットが撮影される等、開発が本格化。途中ニュルで炎上し、ボディがカーボンで出来ている疑惑まで浮上したこともあった。
    実際にはアルミモノコックをベースにルーフをカーボン、前後フェンダーに複合樹脂を使う等、場所ごとにマテリアルを変え、剛性と軽量化の両立を狙った設計になっている。
  • ドライブトレインはイギリスのコスワース社と共同開発のV6ツインターボ+トリプルモーターによるスポーツハイブリッドSH-AWDシステムを採用している。トリプルモーターのうち1つは9速DCTのミッション同軸でリアを駆動、主にターボラグの減少を狙ったアシストを行い、残りの2つはフロント左右に分配され、加速時の前軸アシストに加え、コーナリング中に左右トルクを変化させてヨーフォースをアシストする。
    • 開発当初はホンダのフラグシップセダン、レジェンドのパワーユニットをそっくりそのまま流用する為に、初代NSX同様横置きミッドシップにハイブリッド機構を組み合わせた設計となっていたが「世界のスーパーカーと戦うことができるように」を理由に、開発途中で縦置きミッドシップ+ターボ+ハイブリッドに変更されている。
    • ちなみに先代NSXも開発途中でエンジンの大規模な設計変更(SOHC→当時最新のV-TEC機構つきDOHC)を行った経緯がある。
  • スーパーカーらしい数字として、エンジン単体ですでに507馬力を発揮、そこにモーターで74馬力分ブーストされ、システム全体としては581馬力という、量産車としては日本最高レベルのパワーを誇っている。
    しかし重量も1780kgと、他のスーパーカー並みに鈍重になってしまっている。
    • 市販型のワールドプレミア時の公表重量は1725㎏であったが、その時と比較して55㎏重くなってしまったことになる。
      前述の全焼事故の後に、冷却系が市販車としては過剰なまでに強化されたことが重量増の一因と言われている。
  • ハイブリッドカーらしく、モードを切り替えれば電池の残量がある限りEVとして走行も可能。ある程度環境への配慮も見せている。
    • 本車のハイブリッドシステムはあくまでコーナリング性能向上の為採用された物であり、環境性能向上の為ではないとホンダは主張している。

+  余談

+  レース活動について



*1 ハイブリッドカー

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 03 Sep 2019 05:52:20 HAST (1242d)