Top > ロードスター S (ND) '15
分類性能
メーカー/国籍マツダ/日本総排気量1,496cc全長3,915mm
カテゴリー1N100最高出力130PS/7,000rpm
全幅1,735mm
カテゴリー2ノーマルカー/オープンスポーツカー最大トルク15.3kgfm/5,000rpm
全高1,235mm
内装あり駆動形式FR車両重量990kg
年式2015吸気形式NATM6速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.2,495,000制限---
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

nd.jpg

  • 4代目へとフルモデルチェンジしたND型ロードスター。2014年9月に全世界公開され、翌年の5月に発売した。
    収録モデルは最軽量な標準かつスパルタン仕様の「S」。LSDやリアスタビライザーを装備していない他、MT専用となっている。
  • 全長は歴代ロードスターの中でも最も短い3,915mmだが、逆にホイールベースは2番目に長い2,310mmとなる。
    車重はNCと比べて100kg以上軽量化されており、標準グレードのSではNAの初期モデル以来となる、1t未満の車重を達成した。
  • パワートレインは、先代からダウンサイジングされた直噴エンジン「SKYACTIV-G 1.5」をフロントミッドシップに搭載。
    排気量は歴代ロードスターでも最小の1.5Lであるが、そのコンパクトなボディには十分な130PSを発揮する。
    なお、日本仕様の排気量は1.5Lのみとなるが、海外仕様はそれに加え2.0Lの「SKYACTIV-G 2.0」も選択可能。
  • MT車のデフォルトのギア比が6速1.0(直結)となっているのが、実は自動車業界含め最大のブレイクスルーである。
    以前のように5速1.0の6速0.9オーバードライブでは、5速から6速の間で何かしら動作を反転させる必要があった。
    このリンクを排除する事により、数百グラムの軽量化とシフトフィーリングの良化につなげている。
  • 本車のテレビCMは、現行型に乗る若者と初代に乗る高齢者がフィーチャーされている。
    これには「最新モデルだけでなく、過去のモデルにも引き続き乗って欲しい」というマツダのメッセージが込められている。
    そのメッセージ通り、マツダは後に「NAリビルトプラン」という、ユーノスロードスターのレストアサービスを開始している。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Sat, 26 Feb 2022 06:08:59 HADT (121d)