Top > RX-7 Spirit R Type A (FD) '02
分類性能
メーカー/国籍マツダ/日本総排気量654×2cc全長4,285mm
カテゴリー1N300最高出力297PS/6,500rpm全幅1,760mm
カテゴリー2ノーマルカー/スポーツカー最大トルク33.9kgfm/4,500rpm全高1,230mm
内装あり駆動形式FR車両重量1,270kg
年式2002吸気形式TBTM5速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.4,000,000制限---
その他---特記デフォルトでダウンフォースの調整が可能(0:0~80)
+  ←カラーバリエーションを表示

fd3s.jpg

  • 1991年に登場したFD型RX-7はそれまでのスクエアなフォルムから一転し、曲面を多用したグラマラスなデザインに大変身を遂げた。
    車名は1971年から20年続いていた「サバンナ」が外され、当時の販売店系列の名を冠した「アンフィニ・RX-7」となった。
    発売後の1996年にはアンフィニ店とユーノス店がマツダに統合された為、翌年に車名が「マツダ・RX-7」に変更されている。
  • 先代から軽量化やエンジンの高出力化を図る等、「ピュア・スポーツ」をコンセプトに掲げ、より高性能なスポーツカーを指向した。
    全幅は大幅に拡大され3ナンバーとなりつつも、細かな軽量化を行う事により、重量増加は約10kgと最小限に食い止められている。
    搭載エンジンは先代と同型式ながら、シーケンシャルツインターボ化を施して更に出力向上を図った13B型REエンジンが採用された。
    初期型の最高出力は255psで、パワーウエイトレシオは5kg/psを切っており、日本車としては非常に優秀な動力性能を誇っていた。
    サスは前後ともにダブルウィッシュボーンで、ユーノスロードスター譲りのパワープラントフレームも軽量な車体作りに貢献している。
  • 約10年間もの間販売が続いた3代目だが、大きく分けるとアンフィニ時代の1型から3型、店舗統合以降の4型から6型までに分かれる。
    各マイナーチェンジ毎に各所で進化を重ね、4型では最高出力が265PSに向上、そして5型ではMT車の上位グレードで280PSに達した。
    また、280PS仕様ではタービンホイールを小型化しターボラグを緩和、ブーストを上げる事で低中速寄りの出力特性となっている。
  • しかし、RX-7も排ガス規制により2002年8月の生産終了が決定、4月に最終特別限定車「スピリットR」が1500台限定で発売された。
    この仕様は、5速MT車で2人乗りのタイプA、4人乗りのタイプB、4速AT車で4人乗り・最高出力265PSのタイプCの3種類が用意された。
    内外装には専用エンブレムの他、BBS社製17インチホイール、レッド塗装のブレーキキャリパー、専用インパネ等が装着されている。
  • 収録モデルはその内のスパルタンモデルであるタイプAで、上記に加えて専用のレカロ社製フルバケットシートが装備されている。
    本車両の最終生産車も、この仕様のタイプAのチタニウムグレーメタリック車で、ラインオフ式典の後に社内展用車となったとの事。

+  余談



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 21 Apr 2020 02:56:55 HAST (1401d)