分類性能
メーカー/国籍スーパーフォーミュラ/日本総排気量2000cc全長5,233mm
カテゴリー1Gr.X最高出力648PS/10,000rpm全幅1,910mm
カテゴリー2フォーミュラカー/スーパーフォーミュラ最大トルク50.9kgfm/7,000rpm全高960mm
内装あり駆動形式MR車両重量660kg
年式2019吸気形式TBTM6速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.100,000,000制限---
その他---特記デフォルトでレーシング・ミディアムタイヤを装着
オーバーテイクシステム搭載

sf19_toyota_2.jpg

  • スーパーフォーミュラ(旧:フォーミュラニッポン)はレギュレーションによりシャシーはダラーラのワンメイク、ギアボックスも指定のメーカーの物のみ使用可、タイヤも横浜ゴムの1社提供であり、エンジンはトヨタかホンダのいずれかから提供される。
  • 参戦コスト削減のため、基本的な部分は2014年から2018年シーズンまで使用された先代車両のSF14と多くのパーツに互換性がある。
    SF14の時点でフォーミュラニッポン時代の車両より60kg以上軽かったボディと2.0L直列4気筒直噴ターボエンジンを組み合わせたパッケージングはそのまま踏襲しつつ、フロントのタイヤサイズの拡大や空力特性の改善が行われており、2016年改正のフォーミュラカーの国際安全基準を満たすよう各所を改修。
    開発段階では非搭載でも運用可能としていたドライバーの頭部を守る3点支持のロールバー「HALO」も標準搭載となっている。
  • エンジンはSFとSGT共通規格の"NRE"(ニッポン・レース・エンジン)を搭載する。
    2017年まではトヨタ勢が大きなアドバンテージを持っていたのだが、2018年シーズンはホンダがF1で培った副燃焼技術などのノウハウを用いたことで形勢が逆転。トヨタはこの部分で何らかの対策を施し2019年シーズンを戦わなければならなくなったことから、TRDが主体となり新開発されたBiz-01Fエンジンを使用する。
  • スーパーフォーミュラでは一時的に燃料流量を増やして出力を向上させることができる「オーバーテイクシステム」が搭載されている。
    2018年シーズンまでは1レース5回まで、2019年シーズンでは1レース合計100秒(一度使用を終了するとそこから100秒間は再使用不可)このシステムを使用することができるが、本作では残り時間さえあれば連続使用が可能である。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 07 Jan 2020 01:19:54 HADT (902d)