Top > ラ フェラーリ '13
分類性能
メーカー/国籍フェラーリ/イタリア総排気量6262cc全長4,702mm
カテゴリー1N1000最高出力963PS/9,000rpm全幅1,992mm
カテゴリー2ノーマルカー/スーパーカー*1最大トルク71.4kgfm/6,500rpm全高1,116mm
内装あり駆動形式MR車両重量1,255kg
年式2013吸気形式NATM7速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.160,000,000制限ダート走行不可
その他---特記デフォルトでダウンフォースが存在(0:200固定)
アクティブエアロシステム搭載
+  ←カラーバリエーションを表示

laferrari.jpg
  • ↓アクティブエアロシステム:高速旋回時やブレーキング時に作動する
laferrari_a.jpg

  • 2013年に発表され、500台限定生産された*2フェラーリのスーパーカー。
    それまでのフェラーリのハイパフォーマンス車両(F40F50エンツォ)は"○周年記念モデル"という位置付けだったが、本車は単純に「エンツォの後継」として開発された。
    開発には、2013年当時スクーデリア・フェラーリに在籍していたF1ドライバーのフェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサの意見が反映されている。
  • デザイン面では「1960年代のプロトタイプレーシングカーを意識した」とのことで、330 P4や412Pなどの意匠をオーバラップさせるような見た目も取り入れたとのこと。
  • 本車はフェラーリの市販ロードカーとしては初のハイブリッドシステム搭載車でもある(ハイブリッドシステム"HY-KERS"の実験は2010年に599を用いて行われていた)。
    F12ベルリネッタ用の6.3L V12 NAエンジンを800PSまでチューンナップし、それにF1の技術をフィードバックしたHY-KERSシステムをドッキング。
    モーターの出力163PSを加えシステム総出力963PSを達成した。
    また、副次効果としてノンハイブリッド車両より二酸化炭素排出量を削減することに成功し、エコな車両にもなった。しかし、「この車両のコンセプトに合わない」ということからEVモードは搭載されていない*3
  • シャシーはエンツォとほぼ同様のカーボンモノコックにエンジンマウント用のフレームを伸ばした構造だが、こちらもF1技術のフィードバックによりボディ剛性が向上している。
    さらに前後のスポイラーやアンダーパネル、ディフューザーをアクティブにコントロールするエアロシステムを搭載した。



*1 ハイブリッドカー
*2 本来は499台で生産完了の予定だったが、イタリア国内で発生した地震の復興チャリティー用に1台追加生産された。
*3 Youtubeに電力のみで走行する場面の動画がアップロードされていたことから、EVモードが搭載されるのではないかという憶測を呼んでいた。

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 21 Apr 2020 05:24:42 HADT (797d)