Top > エンツォ フェラーリ '02
分類性能
メーカー/国籍フェラーリ/イタリア総排気量5998cc全長4,702mm
カテゴリー1N700最高出力668PS/8,000rpm全幅2,036mm
カテゴリー2ノーマルカー/スーパーカー最大トルク67.0kgfm/5,500rpm全高1,147mm
内装あり駆動形式MR車両重量1,255kg
年式2002吸気形式NATM6速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.100,000,000制限ダート走行不可
その他---特記デフォルトでダウンフォースが存在(0:50固定)
アクティブエアロシステム搭載
+  ←カラーバリエーションを表示

enzoferrari.jpg
  • ↓アクティブエアロシステム:110km/h〜220km/hで走行時に作動する
enzoferrari_a.jpg

  • 2002年4月に公開されたプロトタイプ「FX」を経て、同年9月に発表されたフェラーリ社のスーパースポーツカー。
    創業55周年を記念して作られた車両であり、車名の由来は見ての通り、創業者「エンツォ フェラーリ」である。
    F40F50に続く21世紀初の記念碑的な意味合いもあり、それまでのレースで培った技術を結集して作られた。
  • そのデザイン開発は、当時ピニンファリーナに在籍していた日本人カーデザイナー、奥山清行氏が手掛けている。
    フェラーリ伝統の丸形テールランプを削り出したかのようなテールエンドに、大きく張り出した前後フェンダー。
    そしてフォーミュラカーを多分に意識したフロントノーズ等、スーパーカーとして申し分のない迫力あるデザインを持つ。
    勿論、単に迫力のあるデザインを追求しただけでなく、空力特性についても十分に煮詰められている。
  • 基本構成は「大出力エンジンをミッドシップにマウントする」という、F40・F50の伝統を引き継いでいる。
    この事からも分かる通り、本車はF50の事実上の後継機であり、正式名の公開前は「F60」と呼ばれていた。
    車両細部にもF50からの進化点が多数あり、ロードカーとしてちぐはぐだったF50の徹底改善が見て取れる。
  • パワートレインはエンツォ専用に開発された、アルミブロックの6.0リッターV12DOHCエンジンである。
    最高出力660PS・トルク67.0kgfmという高いパフォーマンスを誇り、その最高速度は350km/hをマークした。
    これに組み合わせられるトランスミッションは、「F1マチック」と呼ばれる6速セミオートマチックである。
    2ペダルだが自動変速モードは搭載されておらず、F1譲りのパドルシフトでシフトチェンジを行う。
  • 車体はボディパネル・フレーム共に、当時のトレンドであったカーボンコンポジットによって形成されている。
    シャシーにはF50のストレスマウント構造を採用せず、後方にフレームを張り巡らせてエンジンをマウントする構造を採用。
    その結果、アルミブロックエンジンの搭載が可能となり、カーボンの多用も相まって車体の大幅な軽量化を実現した。
    これはストレスマウント構造を採用したために、車内の静粛性や激しい振動等の問題を抱えたF50の反省でもあった。
  • 足回りは前後共にダブルウィッシュボーンであり、ブレーキもブレンボ製のカーボンセラミックを装着した。
    この辺りはレーシングカー直系の構成であり、サーキットでの全開走行にも耐えうるものとなっている。
    その一方でASRと呼ばれるスタビリティコントロールやABS、更にはエアコンやアクティブエアロ等も搭載。
    スーパーカーとしての高い性能を発揮させる一方で、ロードカーとしての安全性も同時に確保されている。
  • 生産台数は349台+追加生産50台の合計399台であり、日本国内にはその内の33台が正規輸入された。
    価格は日本円にして7850万円とされているが、現在では希少性から1億以上のプライスが付く事も珍しくない。
    なお、本車を基にGTレースへの参戦を目指したコンセプトモデルも製作されているが、正式発表はされていない。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 14 Apr 2020 05:37:19 HADT (804d)