Top > デミオ XD Touring '15
分類性能
メーカー/国籍マツダ/日本総排気量1498cc全長4,060mm
カテゴリー1N100最高出力105PS/4,000rpm全幅1,695mm
カテゴリー2ノーマルカー/5ドアハッチバック最大トルク22.3kgfm/1,500rpm全高1,500mm
内装あり駆動形式FF車両重量1,080kg
年式2015吸気形式TBTM6速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.1,950,000制限---
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

demioxdt.jpg

  • 2014年に7年ぶりのフルモデルチェンジが行われ、SKYACTIV TECHNOLOGY全面採用車4台目となった4代目デミオ。
    外装はマツダ共通のデザインコンセプト「魂動(こどう)」が用いられ、内装含めクラストップレベルの質感を実現した。
  • ボディサイズは大型化したものの、全幅は1,695mmとギリギリ5ナンバーに抑えている。
    特にホイールベースの延長に関しては、ペダルポジションを「マツダが考える理想的なポジション」にする為のもの。
    ホイールベースを延ばす為の理由としてよく使われる室内空間に関しては、先代からほとんど変わっていない。
  • 搭載エンジンは1.3L、1.5Lのガソリン仕様に加え、新開発されたトルク重視の1.5Lのディーゼルターボ仕様の計3種類。
    トランスミッションは先代にあったCVTは廃止され、先代から多段化した6速AT、5速または6速MTの計3種類となった。
    従来のスポーツグレード「スポルト」も廃止され、1.5Lガソリンの「15MB」、ディーゼルの「XD」が後継となった。
    収録された『XD Touring』はディーゼル仕様の上位グレードにあたり、最大トルクはMT車で22.3kgfmを発揮する。
  • 2016年・2018年の一部改良後の2019年7月、車名が日本国外仕様と同じ「MAZDA 2」に変更された。
    これによって、1996年から23年間続いた「マツダ・デミオ」という車名での生産に幕を下ろした。
    この改良では内外装の小変更の他にも、ガソリンモデルが1.5Lに一本化、1.3Lが廃止されている。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Sat, 26 Feb 2022 06:08:47 HADT (89d)