Top > フェアレディ Z 300ZX TwinTurbo 2seater (Z32) '89
分類性能
メーカー/国籍日産/日本総排気量2960cc全長4,310mm
カテゴリー1N300最高出力280PS/6,200rpm全幅1,790mm
カテゴリー2ノーマルカー/スポーツカー最大トルク39.6kgfm/3,600rpm全高1,250mm
内装あり駆動形式FR車両重量1,510kg
年式1989吸気形式TBTM5速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.3,950,000制限---
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

z32_89.jpg

  • 1989年に発売されたZ32型フェアレディZは、先代Z31型から始まった「高性能なグランドツーリングカー」の路線を引き継いで登場した。
    デザインにおいてもCADを多用し、歴代モデルの特徴であった「ロングノーズ・ショートデッキ」から「ワイド・ロー」への転換を図った。
  • 搭載されるエンジンは3L・V6の「VG30」型。ターボモデルに搭載された「VG30DETT」型は、国産車でいち早く最大出力280PSに達した。
  • ノーマルルーフまたはTバールーフの「2シーター」、ボディを延長し予備の後部座席を追加したTバールーフの「2by2」がある点は先代同様。
    それぞれ給油口の位置やマフラー形状が異なる等、従来以上の専用設計を行っており、1992年には2シーターにコンバーチブルも追加された。
    歴代モデル伝統の開口部が少なくスッキリとした内外装も引き継がれ、空気抵抗も先代より改善されたが、排熱性や整備性が悪化している。
  • 収録モデルはTバールーフ・2シーターのターボモデル。1992年以前のZ32型はモノグレード構成の為、「300ZX」は単に車名の一部である。
  • Z32型はレースでも活躍し、アメリカでは1990年よりIMSAに参戦、1994年にデイトナ24時間とセブリング12時間の耐久レースを制覇。
    この経験を元に開発された新マシンは、1994年のル・マンのIMSA-GTSクラスに参戦し、総合5位・クラス優勝という偉業を成し遂げた。
    日本国内では全日本GT選手権のGT500クラスにて、1994年から1997年にかけてチームルマンが本車をベースとしたマシンを投入していた。
  • Z32型は日産を取り巻く事情から2000年まで長期販売され、生産を終了。2年後の次期型発売まで、一時的にフェアレディZは絶版となった。

+  余談



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 21 Apr 2020 02:48:13 HAST (1401d)