Top > スープラ RZ '97
分類性能
メーカー/国籍トヨタ/日本総排気量2997cc全長4,520mm
カテゴリー1N300最高出力330PS/5,500rpm全幅1,810mm
カテゴリー2ノーマルカー/スポーツカー最大トルク54.2kgfm/3,500rpm全高1,275mm
内装あり駆動形式FR車両重量1,510kg
年式1997吸気形式TBTM6速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.4,500,000制限---
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

supra_97.jpg

  • 1993年5月にフルモデルチェンジを果たし、4代目(国内においては2代目)となったJZA80型スープラ。
    「THE SPORTS OF TOYOTA」をキャッチコピーに掲げ、国産トップクラスのスポーツカーへと徹底的に磨き上げられた。
  • 搭載エンジンは3L直6の「2JZ」型。ターボモデルの2JZ-GTE型は、最高出力は280PS、最大トルクは44kgfmに達した。
    トランスミッションは6速MTと4速ATの2種類が用意され、前者は国産車初のドイツ・ゲドラグ社との共同開発品とした。
  • アグレッシブなエクステリアは旋回性能や直進安定性を高める為にも、徹底して空力性能を煮詰めてデザインがなされた。
    本車の特徴の一つである大型リアスポイラーは、空力性能もさる事ながら、後方視界の妨げにならない機能性をも備えた。
  • 1994年には、発売当時は認可が下りなかった17インチホイール及び大径ブレーキキャリパー(北米モデルと同等品)が追加。
    1996年にもマイナーチェンジが実施され、エクステリアが小変更を受けたほか、「RZ」にレカロシートが標準装備された。
  • 収録モデルは2JZ-GTE型を搭載するスパルタングレード「RZ」で、この1997年8月以降の後期型では更に性能強化を行った。
    2JZ-GTE型には連続可変バルブタイミング機構の「VVT-i」を採用、出力特性を改善し、最大トルクも46kgfmへと上昇した。
    上級グレードの「RZ」「SZ-R」には新たにヤマハとトヨタの共同開発による油圧式サスペンション「REAS」も採用された。
  • 2002年、平成12年度排出ガス規制に適合できないため、スカイラインGT-RRX-7等と共に生産を終了した。
    以降スープラの系譜は長らく途絶えていたが、17年後の2019年に通算5代目となるGRスープラが復活した。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 21 Apr 2020 06:41:26 HADT (842d)